霧ヶ峰でオオカミを語る会 « 一般社団法人日本オオカミ協会

霧ヶ峰でオオカミを語る会


霧ヶ峰でオオカミを語る会
 

霧ヶ峰高原の高山植物は、シカの増えすぎのため、危機に瀕しています。御柱用に大切に育てられているモミの林が、シカ食害のため、全滅していたというニュースも昨年、地元紙に掲載されていました。たいへんショックなことですが、シカの増加に警鐘をならしてくれているのかもしれません。

いま森が荒廃しているのは、日本にオオカミがいなくなり、生態系のバランスが崩れてしまったためです。そのオオカミを復活させ、生態系を復元することが、日本の自然を守る近道です。オオカミ復活に賛成の人も反対の人も、もっとオオカミのことを知って、話をしましょう。「オオカミ」の本当の姿を知ってください。

霧ヶ峰の草原を眺めながら「オオカミを語る夕べ」を催します。是非、ご参加ください。
ご協力:ころぼっくるひゅって/ヒュッテ霧ヶ峰

ご賛同:アースデイ大学

アースデイ大学

 

場所:ヒュッテ霧ヶ峰 (長野県諏訪市上諏訪13338-74(通称霧ヶ峰高原強清水) >>>地図
連絡先 : 0266-57-0333
日時 : 9月28日(日)
参加費 : 1000円(資料代)
参加定員 : 50名程度 / 前日宿泊の場合【一泊二食7560円】現地精算
お申し込み : 下記申込みフォームから

<スケジュール>
13:30 受付
14:00 森にオオカミが必要な理由、お話しします
15:00 ヨーロッパの田園地帯にオオカミがいる話
16:00 オオカミに関する疑問、なんでもお答えします
17:00 終了

 

霧ヶ峰でオオカミを語る会申込みフォーム

[contact-form-7 404 "Not Found"]



コメントは受け付けていません。


鹿の食害を考える ドイツに見るオオカミとの共生

当協会が紹介されています
(動物や自然を守ろう にて)

トカゲ太郎のワンダー・ワールド

Get Adobe Flash player