鹿と車の衝突事故 « 一般社団法人日本オオカミ協会

鹿と車の衝突事故


北海道では毎年500件以上の鹿と車の衝突事故が起きています。
そのほか高速道路に動物が侵入して高速道路の閉鎖がしょっちゅう起きています。
特に道東地方は鹿の頭数が多く道路の両側には鹿の侵入防止柵が張られています。
また路面にはシカ注意の表示が書かれています。
鹿との衝突事故は秋冬がピークで日没前後と夜明け前に多く起こります。
この映像は私の友人の車載カメラによって撮られた先日の事故の写真です。
苫小牧地方では侵入防止柵はなく、突然の飛び出しに対しては対処のしようがありません。

鹿との接触01

 

 

 

 

 

 

鹿との接触02

 

 

 

 

 

 

鹿との接触03

 

 

 

 

 

 

鹿との接触04



コメントは受け付けていません。


鹿の食害を考える ドイツに見るオオカミとの共生

当協会が紹介されています
(動物や自然を守ろう にて)

トカゲ太郎のワンダー・ワールド

Get Adobe Flash player