ミニ企画展「御鷹場と人々の暮らし」 « 一般社団法人日本オオカミ協会

ミニ企画展「御鷹場と人々の暮らし」


鷹
皆様いかがお過ごしでしょうか?
日本オオカミ協会千葉県支部では、次の見学会を開催しますので、奮ってご参加いただきますよう、お願いいたします。

「県文書館ミニ企画展「御鷹場と人々の暮らし」見学会について」

目的:江戸時代の千葉県には、将軍や大名が鷹狩を行う御鷹場がいくつか存在しました。特に上総国山辺郡東金町(現東金市)周辺では、たくさんの鳥が獲れたため、徳川家康や秀忠がたびたび鷹狩りに訪れています。
 御鷹場に指定された村々は、日常生活においてもさまざまな制約や負担が課せられており、そうした村々の日常管理があってこそ、将軍や鷹匠ら鷹場役人が鷹狩に興じることができたのです。
 現代では、狩猟は私たちの生活と切り離されているイメージがありますが、江戸時代の人々は鷹狩と深くかかわって生きており、本展示ではそうした御鷹場に住む人々のくらしについて、古文書で紹介されています。学芸員の解説で見学します。

日時:6月3日(土) 14時現地集合 ~学芸員による解説
場所:千葉県文書館 千葉市中央区中央4-15-7
   最寄駅千葉都市モノレール県庁前(現地解散)
参加費:無料
参加申込み:お電話または、フォームにてお申込みください。
井上(080-5024-9132) 澤川(090-4177-1376)

wolf

■お名前 (必須)

■会員番号 会員の方はご記入ください!

■メールアドレス (必須)

※メールアドレスの入力ミスが多くなっておりますので確実にご入力ください。
お問合せ頂きますと自動的に入力頂いたメールアドレスに確認メールが送信されます。こちらが届かない場合は入力ミスの可能性がございますのでご確認ください。

■電話番号 (必須)

■項目 (必須)
講演会25日宿泊26日宿泊お問合わせ
宿泊希望の場合は男女別をお知らせください。

■お問合せ内容

今一度ご記入内容をご確認ください!
下記送信ボタンを押すと直ぐに送信されます。

wolf



コメントは受け付けていません。


鹿の食害を考える ドイツに見るオオカミとの共生

当協会が紹介されています
(動物や自然を守ろう にて)

トカゲ太郎のワンダー・ワールド

Get Adobe Flash player