セミナー&講演会 « 一般社団法人日本オオカミ協会

‘セミナー&講演会’ カテゴリーのアーカイブ

獣害から森を守る!ニホンオオカミの復活

2019 年 12 月 15 日 日曜日

[富士見市コミュニティ大学講演]
[2019年12月6日(金) AM10:20~11:50]
[会場:埼玉県富士見市立老人福祉センター]

 富士見市コミュニティ大学は、高齢者の社会参加を目的に活動している団体で、富士見市老人福祉センターで毎月2回テーマを変えて、講演会等を活発に開催している。この大学の理事を務めている大木さんは私の高校の後輩であり、以前から講演の要請を受けていたもので、協会埼玉支部としても良い機会を得られたと思っている。当日は、会員登録数約190名のうち150名ほどの皆さんがビッシリと着座されていた。講演中は、オオカミの想像とは異なる意外な姿に、居眠りする人もなく興味が尽きぬ様子だった。まだまだオオカミについての知識は、一般社会に浸透していないと感じた。

【講演要旨】

 自然生態系は、岩石、土壌、水、空気などからなる非生物部分と、植物、動物など無数の多種多様な生物から成る生物部分の二つの部分から構成される複雑系である。この系は、エネルギー流と物質循環によって機能し、地上に生物が出現した45億年前から絶え間なく進化を続けてきた。人類の自然生態系への働きかけは、年ごとに激しさを増している。生物部分は、破壊が許容限界内であれば再生が可能であるが、非生物部分は一旦破壊されると再生はほぼ不可能である。産業革命以降の人口と科学技術の発達による経済の成長は最早地球自然生態系の再生キャパシティーを超えていることが警告されている。たとえ再生が可能であったとしても地質学的歳月を要するであろう。

 最近、山林の保水力の極端な低下も生態系劣化の現象の一つである。我が国の場合、この現象は、増え過ぎたシカにより食い尽くされた山林で顕著である。シカの過剰採食と踏みつけによって植生を失った林床からは土砂が流失し、渓流だけでなく、全国各地のダムにも堆積し、その貯水能力を大きく低下させ、水害の規模増大の大きな要因になっていることが指摘されている。こうしたシカの脅威についての警鐘は環境省のポスターにもみることが出来る。

 わが国の人口は江戸時代になって急激に増加し、これにともなって薪炭、堆肥生産量が増大し、里山の拡大と荒廃が全国的に顕著となった。こうした田畑の開拓にともない、シカやイノシシなどの野生鳥獣も増加した。この一方でオオカミ害獣観が社会通念化し、明治時代になって西欧文化の導入が手伝って、欧米諸国同様に、オオカミは駆除されて絶滅に追い込まれた。

 オオカミは日本では根絶に追い込まれた。しかし、欧米はじめ各国では完全に絶滅したわけではない。中国、ロシア、南欧、東欧、中近東、ユーラシア大陸やインド亜大陸、それにカナダ、アラスカなど北米大陸などの各地でオオカミは生息し続けている。こうした生残地域からオオカミを再導入すれば、オオカミの復活は可能である。また、生残地域からの移入オオカミを保護することによる復活も可能である。現在、欧州各国では24か国にオオカミが保護されて生息しているが、これらは人工的な再導入ではなく、オオカミ自身の移住による。ドイツのオオカミは隣国ポーランドからの自然移入による。フランスでのオオカミの復活は隣国のイタリアやスペインからの移入個体による。デンマーク、オランダ、ベルギーなどの最近の復活オオカミは周辺国からの移入である。

 人の手による再導入は、米国の、イエローストーン国立公園(四国の約半分の面積)を含む北部ロッキー山地で1995・96年に実行され、カナダから運ばれた60数頭からいまでは1600頭にまで増え、さらに周辺地域に分布を拡大している。周囲を海に囲まれた日本の場合、イエローストーン国立公園・北部ロッキーオオカミ再導入事業に倣って、周辺生息地域の中国、モンゴル、シベリア、ネパールなどヒマラヤ諸国から連れてきて放すことによって実現は難しくない。

 イエローストーンではオオカミの復活によって、エルクジカとコヨーテの生息頭数は激減し、ネズミ類や野兎の数が増え、アカギツネも増加した。シカによって食害されていた川辺のヤナギやヤマナラシなどの植生が回復し、川には魚類が増殖し、ビーバーやカワウソが戻り、多くの野生鳥類や昆虫類が戻ってきて、生物多様性は目に見えて回復した。また、川辺の植生の回復によって岸辺や川底の流水による浸食、掘削がおさまり、流れは安定し、生態系全体がシカによる破壊から復旧した。我が国でもオオカミの復活によって荒廃し続けている生態系が救われることが考えられる。

 オオカミの復活は、シカやイノシシによる農林業被害や交通事故を大きく軽減し、国民の生産と生活の安全を守ると同時に、被害防除に要する莫大な財政支出を減らし、国民経済の効率的運用が実現できるだろう。古来より日本の農民は、オオカミのシカやイノシシなど害獣の増殖を抑制するという生態学的役割を認識し、敬意と感謝を込めて神使として神社に祀ってきたのである。

 しかし、今でもオオカミを「人畜を害する猛獣」とみて忌み嫌う人が少なくない。これは誤信である。古来、一匹オオカミも送りオオカミも人を害するとは考えられてこなかったし、じっさいに人を襲うようなこともなかった。日本の地域社会の人たち、とりわけ農民や猟師は、オオカミは臆病で人を恐れ、人前には姿を見せようとしない動物であると考えていたのである。オオカミを悪者、害獣と見なすようになったのは、江戸時代でも飢饉に襲われた元禄時代の1700年頃からである。この冤罪は、明治の欧米追随の文明開化策で上塗りされて、オオカミはついに駆除されて絶滅に至ったのである。

【質疑】

・オオカミ導入は、かつてのマングースの失敗のようなことにならないか。

・童話「赤ずきんちゃん」のように人が襲われることはないか。

・オオカミの姿は?大陸のオオカミとニホンオオカミについて。

・オオカミの絶滅理由は・・・・などであった。

                                    (完)

      岩堀弘明   (一社)日本オオカミ協会副会長)

コメントは受け付けていません。

『オオカミふぉーらむ2019秋』開催のお知らせ

2019 年 9 月 21 日 土曜日
おおかみフォーラム2019

一刻も早いオオカミ再導入実現のために!

今秋も米国モンタナ州からスティーブ・ブラウンさんが来日、今や恒例になったフォーラムを開催します。

今回は、札幌、宇治、阿南を回ります。話題は三つ。

1.『オオカミ再導入後四半世紀のイエローストンの生態系:オオカミは河流を守る!』(スティーブ・ブラウン):オオカミ再導入によって、荒れた河川の流路は安定し、今では、ビーバーやカワウソ、渓流の生物を初めとしていろいろな野生が命を謳歌しています。オオカミの影響は河川にも及ぶという事実は希望です。温暖化が止まらない地球、米国はハリケーン、日本は台風、激しさを増すばかりの自然災害。シカに荒らされた山地からの流出土砂は谷を削り、河川を埋め、豪雨のたびに氾濫、洪水の原因になっています。オオカミはこうした大惨事を防いでくれます。シカ荒れが治まった緑豊かな山から流れ出る河川は少々の雨では濁りません。海の幸も復活します。

オオカミが復活したイエローストーン国立公園の大自然の魅力

2.『オオカミの冤罪を晴らす』(丸山直樹):だからオオカミ復活。とはいえ、オオカミは人を襲うのではないかといつまでも怖がる人が多いのが残念。でも、心配無用。多くの人食いオオカミが古文書に現れたのは、江戸時代中期の「元禄の飢饉」と「生類憐みの令」の時代。飢饉時のイヌによる人食い、人身売買、口減らしの罪までオオカミに着せた公文書捏造。それに、18世紀の狂犬病の侵入と蔓延。このウイルス病を流行らせたのは、少ないオオカミではなくてどこにでもいたイヌ。オオカミが絶滅しても狂犬病は絶滅しなかったのです。明治期、オオカミ殺しの欧米文化導入によってオオカミは根絶。オオカミ冤罪晴らしは、オオカミ復活を実現し、日本の自然と私たちを救う扉を開きます。

オオカミ虎魚結婚式

3.『モンゴル・フスタイ国立公園のオオカミ』(大槻国彦:宇治):今年5月の訪問記。大草原の中のシラカバの丘陵、面積約5万ha。オオカミを守るには小さな保護地域でも大丈夫。再導入されたモンゴルノウマやアカシカの群れを追いながら生きる続けるオオカミ数パック。自動車道路も人もいない長閑でワイルドな国立公園。でも、地球温暖化と野放しの密猟の影が・・・。米国の広大な国立公園は素晴らしいけれど、日本は狭いからとあきらめていた人たちには朗報です。小さな保護区のフスタイを知ったら、日本でもオオカミの復活は大丈夫と思いませんか。首都ウランバートルの郊外には、フスタイと同大のボグドハーン厳正自然保護区があります。ここにも数群のオオカミのパックが生息しています。人を襲っていないのはもちろんです。実は、オオカミを襲っているのは密猟者なのです。

ゲル

10月25日(金)13:30~16:30

会場:札幌エルプラザ
話:S.ブラウン/丸山直樹他
司会:反橋一夫(北海道支部)

10月27日(日)13:30~16:30

会場:宇治市南宇治コミュニティーセンター
話:S.ブラウン/大槻国彦(理事・紀州吉野支部)
司会:近藤聡(近畿支部)

10月28日(月)18:00~21:00

会場:阿南市橘公民館
話:S.ブラウン、丸山直樹、他
司会:松林直行・佐々木志摩子(四国支部)

JWA会員の皆様、フォーラムで意見を交換し、オオカミ復活運動を盛り上げましょう。知人、友人などの一般市民、自然保護団体、農林水産関係者、地元行政などへ、FB、口コミなどで宣伝広報をお願いします。フォーラムの成功は皆様の熱意にかかっています。

コメントは受け付けていません。

日蒙オオカミセミナーの報告

2019 年 8 月 15 日 木曜日

第2回日蒙オオカミセミナー開催の報告神奈川県支部セミナー

「モンゴル・フスタイと中国・ウズムチンオオカミ谷」

 去る2019年7月23日(火)13:30~16:00 神奈川県民センター3階会議室(30名収容)で開催したセミナーの様子を報告します。参加者は14名。平日の午後というハンデがあってのことでしょうか、せっかくのセミナーなのに集まりが悪かったのが残念でした。宣伝は、JWAのHPとFacebook、それに産経新聞三多摩版にも出しましたが、やはり平日の午後というのが問題だったようです。会場確保などを考えると(最近は混んでいて難しい)、早くからの計画的な準備が必要です。また、この会場には、知的障害者と思われる女性が参加し、勝手に発言したり、私語したりで対応に苦慮いたしました。社会福祉が進み、こうした人たちへの社会参加が広まることは良いことですが、反面、今回のセミナーのような「会場ジャック」といった場合には、どうすべきなのでしょうか、対応に戸惑ってしまいます。対応によっては差別と非難されるかもしれません。

【講演2題】

  • 「モンゴル・フスタイ国立公園のオオカミを訪ねて」高木英寿(JWA神奈川県支部長)
  • 「内モンゴルでのオオカミ園のオオカミ」手塚修文(JWA東海支部役員)。

[フスタイ国立公園]

 フスタイへの旅は、本会理事・紀州吉野支部副支部長である大槻国彦氏の立案、それに今春、京橋でご講演いただいたフスタイ国立公園管理官のガンボルド氏にお世話していただいて実現したものです。両氏に、厚く御礼申し上げます。この国立公園は、モンゴル国の首都ウランバートル市から西へ車で3時間、360度草原の真っただ中にある丘を中心にした面積5万haの小さな自然保護区で、わが国の国立公園並みの規模でした。米国の広大なイエローストーン国立公園約90万haとは比すべくもありません。この公園は、1989年のソ連崩壊直後、野生絶滅していたモンゴルノウマ(タヒ)がオランダから贈呈され、放された場所2か所のうちの一つなのです。この再導入事業は、成功し、現在約300頭までに増えています。この国立公園には、もともと数群のオオカミが生息し、アカシカ、ノロジカ、イノシシとともにこの野生馬も捕食しています。しかし、公園管理当局は、タヒとオオカミは、この大草原で進化を共にしてきた関係であることを理解して、オオカミも保護し続けています。管理事務所、宿泊施設ゲル20張りなどは1か所に集められ、緩やかな丘陵地の谷底に目立たないように置かれています。この20年の間、訪問者数はあまり増えもしていないようで、施設の拡充もないようでした。公園内には遊覧用の自動車道路も歩道も整備されていません。したがって、人もほとんど見かけず、自動車を避けることもない、私たちが忘れていた、自然そのままのすばらしさがここにはあります。小型の草食性のターバガンが草原の各所に巣穴を構えて、愛嬌を振りまいています。これもオオカミの捕食対象です。公園管理官のガンボルドさんの案内で、斜面のシラカバの疎林の中で子育て中のオオカミを簡単に観察することが出来ました。長閑な公園にも悩みがいくつもあるようです。その一つは、最近の温暖化で降水量が減り、シラカバ林が枯損退行し続けていること、第二は、周辺部の遊牧民が、羊などの家畜の群れを連れ、公園内の良い草を求めて違法侵入することが絶えないこと、第三は、オオカミの密猟が後を絶たず、密猟者は、職業階級に関係なく罪悪の意識が希薄であることだそうです。この公園は、ユネスコの生物圏保存地域構想(1971)に従っているようで、公園全体はコアエリア(中核的自然保護地域)で開発が認められないが、周辺はバッファー(緩衝地域)で緩い自然利用は認められるといった地域区分になっているようです。そして、この国立公園は、国ではなく、国が指定する管理団体によって財政を含めて運営されているという点です。同国立公園は、日本、特に日本オオカミ協会との協力関係を求めていることをお知らせいたします。経済貧困国の苦しみと工夫が見て取れるのがこの国立公園です。

[ウズムチンオオカミ谷] 

 内モンゴル自治区にあるオオカミ飼育施設についてのレポート。瀋陽市から北西へ車を飛ばして数時間の通遼市へ。そしてさらに数時間でウズムチンオオカミ谷に到着します。この荒れた草原の中の施設の面積は正確には不明ですが1000ヘクタールくらいはあるのでしょうか。ここには40~50頭のオオカミが収容されているようです。数年前は数頭だったと言いますが、どこから、どのようにしてこれだけのオオカミを集めてきたのか不思議です。この施設では、観察用のミニバス(定員20~30人)に観光客を乗せて園内を30分ほど案内します。観光客を喜ばせる目的で、別の係員が生きた鶏を投げ与えます。これを目当てに20頭前後のオオカミが追いかけてくる。自由と尊厳を奪われて、奴隷のようなオオカミたち。御客はこれを見て喜ぶ。こうしたミニバス数台が約30分の時間をかけてオオカミを見せて回る。これに飽き足らず、この施設では、ヘリコプターを購入しようとしています。このお金はどこから調達されるのでしょうか。観光収入で賄える金額ではありません。投資額を回収することもできないでしょう。公的資金が投入されているとしか考えられません。

 この話を聞いてすぐにイメージするのは「オオカミのアウシュビツ」。この施設を考え、運営している中国の関係者を非難いたします。金儲けのための商業主義。自然や野生生物に対する敬意など微塵もありません。自然を足下に置き、人間のエゴのままに利用することに疑いを持たない自然観が露骨に表れているようです。この施設は、オオカミ初め野生動物と自然を辱め、人々の心を傷つける装置以外のなにものでもありません。

 このセミナーの結論:私たちが求めるものは、人の心を破壊する荒んだオオカミ谷ではなく、私たちに心のふるさとを思い出させてくれる、ちっぽけなフスタイ国立公園です。(完)

(記・高木英寿、JWA理事・神奈川県支部長)

コメントは受け付けていません。


鹿の食害を考える ドイツに見るオオカミとの共生

当協会が紹介されています
(動物や自然を守ろう にて)

トカゲ太郎のワンダー・ワールド

Get Adobe Flash player