■■■活動■■■ « 一般社団法人日本オオカミ協会

‘■■■活動■■■’ カテゴリーのアーカイブ

第8回全国オオカミアンケート調査(2016年)速報

2017 年 3 月 8 日 水曜日

オオカミ復活賛成45.6%!反対11.3%を大きく上回る
2016アンケート結果

当協会による2016年1月1日から12月31日の間に実施された第8回全国オオカミアンケート調査は全国から11,395件の回答を集めた。会員は、公園、街路、駐車場、各種イベント会場などで直接回答を求めるとともに、友人、知人にも依頼した(家族、親族への回答は求めず)。この調査は乏しい資金環境下での実施であるため、大手メディアが実施しているような抽出手法を使えなかったので、とにかく全国各地のいろいろな環境下で実施し、回答者数を増やすことにより回答の偏りを解消するという方法を採った。しかし、11,000以上の回答者数は、十分民意を反映する結果が得られたものと考えられる。

民意はオオカミ賛成へ:
政府与党、行政は民意実現に向けてオオカミ復活に舵を切れ!


2006年以降増加に転じたオオカミ復活賛成者数は、前回4年前の第7回と比べてさらに5.2ポイント増加し、45.6%となった。これに対して、第1回目(1993年)には44.8%と第一を占めていた反対者数は、ずっと減り続けてきたが、今回も同様で、前回よりも2.6ポイント減って僅かに11.3%と下がって、賛成の4分の一に過ぎなくなった。わからないとの保留回答者数も2.6ポイント減って、43.1%となった。保留回答は初回から第4回(2002年)54.0%に向かって増加し、第6回(2009年)まで50%以上だったが、その後減少に転じ、今回も同様に減少していた。

こうしたオオカミ復活に関する民意の変化は、政府与党の獣害対策への疑い、不満、批判の反映であろう。鳥獣害対策特別措置法(4年期限)が動き始めて3期目になるが、依然としてその効果は判然としないどころか、シカやイノシシの個体数も分布域も増加し続けている。そのため、とりわけ森林生態系被害は拡大の一途にあり、被害対策費は年数百億円台から1千億円台へと膨れ上がる一方である。頭数管理、ジビエ振興と莫大な税金を使い続けているが、ますます問題の解決は見通しがつかなくなっている。これは事実を見ようとしない政府与党の政策担当者の責任であり、これを見逃している与野党議員の無知が原因である。

このアンケートからいえることは、獣害対策に関して政府与党は国民から愛想をつかされつつあるということである。オオカミ反対意見は90年代には主流だったかもしれないが、現在は少数派になり下がった。オオカミをいつまでも誤解し、偏見を持ち続けた結果である。政府与党も同様である。真実を見ようとしないで民意から目を背け続ける政治家や専門家は民主主義社会の担い手とはいえない。保留派の多くはオオカミを恐ろしい蛮獣であると誤解し続けているようである。この誤解が解けるのは時間の問題である。国際社会はオオカミ虐待の時代を抜けて、復活保護が潮流となった。保留派は追っ付けオオカミ復活に賛同し、オオカミ復活はますます多数の民意の強い賛同を得ることになる。政治はいつまでもこれを無視し続けることは許されない。オオカミの復活は自然生態系の保全だけでなく、民主主義の普及に貢献します。

JWAオオカミアンケート調査グループ

コメントは受け付けていません。

千葉でオオカミカフェを開店します!

2017 年 1 月 5 日 木曜日


千葉県支部は、毎月第3土曜日にオオカミ好きも、嫌いな人もみんな集まりコーヒーを飲みながらオオカミについての話を聞いて、なぜオオカミが必要なのか一緒に考えるオオカミカフェを開きます。ネコカフェみたいにオオカミがいるわけではありませんが、念のため・・・

場 所:千葉市民活動支援センター9階談話室
千葉市中央区中央2-5-1 ツインビル2号館
参加費:無料

◎日時とテーマ:毎月第3土曜日17時~19時
第1回:1月21日(土):オオカミがいない日本の自然
第2回:2月18日(土):オオカミってどんな動物?
第3回:3月18日(土):世界のオオカミ

主 催:一般社団法人日本オオカミ協会千葉県支部
共 催:市民活動連盟キーストーンちば
連絡先:井上:080-5024-9132

コメントは受け付けていません。

日米独オオカミフォーラム2016

2016 年 9 月 14 日 水曜日

今年も行います「日・米・独オオカミフォーラム」
昨年に引き続き、今年もオオカミとその復活に関する国民の理解を得るためにフォーラムを行います。今年の重点地域は西日本。徳島(10/22)、福岡県添田(10/23)、広島(10/24)、京都(10/25)、横浜(10/27)の5都市です。
ゲストの専門家は米独から4名が来日します!(通訳付き)
参加費無料!多くの方ご参加をお願い致します!

※下記画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。印刷して告知お願い致します!
日米独オオカミフォーラム2016

【テーマ】

1.オオカミへの恐れ解消
ヨーロッパと北米の具体的な事例と啓発活動実際例の紹介
2.オオカミによるシカ頭数調節と生態系保全
北米(イエローストーンを含むロッキー北部及び五大湖沿岸地方)
及びドイツでの事例紹介
3.オオカミの生態系及び生物多様性の回復
保全能力に関する具体的事例の紹介

【パネリスト】

シャノン・バーバーマイア
Shannon Barber-Meyer
シャノン・バーバーマイア (アメリカ)
学術博士。イエローストーンや五大湖地方のオオカミによるシカ類の頭数調節を研究。合衆国地理調査研究所(USGS)研究員。

 

スティーブ・ブラウン
Steve Braun
スティーブ・ブラウン(アメリカ)
イエローストーン、グレイシャー国立公園のオオカミやシカ類など野生生物と自然生態系保全教育、エコツーリズムを専門。Adventure Yellowstone, Inc.代表。日本語堪能。
 

マーカス・バーテン
Markus Bathen
マーカス・バーテン(ドイツ)
ドイツ自然・生物多様性保護連合(NABU:1899年設立、会員50万人)政策責任者。同連合“ウエルカム・ウルフ”プロジェクトリーダー。日本オオカミ協会招聘により2015年初来日、東京など5都市で講演。
 

カリーナ・ワーグナー
Carina Wagner
カリーナ・ワーグナー(ドイツ)
ドレスデン工科大学にて森林科学専攻。ゼンケンベルグ自然研究所・博物館研究員。オオカミの食性、シカ頭数調節など研究。

 

【コーディネーター】

丸山 直樹 Naoki Maruyama
農学博士。東京農工大学名誉教授。一社)日本オオカミ協会会長、専門は自然保護文化論、野生動物保護学。編著書「オオカミを放つ」「地球は誰のもの?」「オオカミが日本を救う!」など。シカ、カモシカ、ツキノワグマなど研究論文多数。オオカミを訪ねてポーランド、スペイン、ドイツ、米国、中国、モンゴルなど調査・訪問。

朝倉 裕 Hiroshi Asakura
一社)日本オオカミ協会常務理事。オオカミを訪ねてイエローストーン、内モンゴルなど訪問。評論「ジビエを食べればシカは本当に減るのか?」(フォレスト・ウインズ2016)など。著書「オオカミと森の教科書」訳書「ウルフ・ウォーズ」各地でオオカミ講演開催。

【日時&会場】

10月22日[土] 開演13:30-16:30
〔徳島〕ふれあい健康館(パネル展示あり)
徳島県徳島市沖浜東2丁目16番地〈地図〉
徳島市営バス「ふれあい健康館ゆき」松林直行
〈お問合せ〉佐伯雅子(JWA四国支部:TEL090-6282-9550)

10月23日[日] 開演14:30-16:30
〔福岡〕添田町民会館(パネル展示あり)
福岡県田川郡添田町大字添田517-1〈地図〉
添田駅から徒歩9分
〈お問合せ〉武貞誉裕(JWA九州支部:TEL090-2965-8081)

10月24日[月] 開演17:30-20:30
〔広島〕鈴峯女子短期大学 会議室(パネル展示あり)
広島県広島市西区井口4丁目6-18〈地図〉
広電宮島線修大付属鈴峯前下車北へ徒歩3分 山陽線五日市駅下車東へ徒歩15分
〈お問合せ〉新田由美子(JWA中国支部:TEL 082-278-1103 または 090-8714-4505)

10月25日[火] 開演18:15-21:00
〔京都〕キャンパスプラザ京都 4F第三講義室
京都府京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939〈地図〉
京都駅烏丸中央口出て左へ徒歩5分
〈お問合せ〉物部礎(JWA近畿支部:TEL090-5057-1187)

10月27日[木] 開演13:30-16:30
〔横浜〕神奈川県民ホール 大会議室6F(パネル展示あり)
神奈川県横浜市中区山下町3-1〈地図〉
みなとみらい線日本大通り駅3番出口より徒歩8分
〈お問合せ〉白木登(JWA神奈川県支部:TEL080-5408-9775)
写真などのパネル展示は、11:00-13:30[隣接小会議室]

【後援】
ドイツ連邦共和国大使館、公財)日本生態系協会、伊豆ユネスコクラブ、NPO法人神奈川県自然保護協会、アカザを守る会、市民活動連盟キーストーンちば、NPO法人四季の森里山研究会、公社)徳島県労働者福祉協議会、公財)徳島県勤労者福祉ネットワーク、徳島新聞社、朝日新聞徳島総局、毎日新聞徳島支局、読売新聞徳島支局、高知新聞社、RKC高知放送、愛媛新聞社、コープ自然派しこく、四国放送株式会社、添田町教育委員会※1、大任町教育委員会※1、川崎町教育委員会※1、日田市教育委員会※1、北九州市教育委員会※1、田川市教育委員会※1、みやこ町※1、添田町※1、香春町※1、赤村※1、横須賀市教育委員会※2
※1 福岡フォーラムのみの後援になります。
※2 横浜フォーラムのみの後援になります。

【主催】
一般社団法人日本オオカミ協会

コメントは受け付けていません。


鹿の食害を考える ドイツに見るオオカミとの共生

当協会が紹介されています
(動物や自然を守ろう にて)

トカゲ太郎のワンダー・ワールド

Get Adobe Flash player