■■■活動■■■ « 一般社団法人日本オオカミ協会

‘■■■活動■■■’ カテゴリーのアーカイブ

オオカミ展2018 in 下田

2018 年 7 月 11 日 水曜日

8月25日オオカミの日
オオカミの日「8月25日」記念
オオカミ展2018下田が8月24日(金)〜28日(火)で開催されます。



今、日本の自然は大荒れ!シカの増え過ぎが元凶。イノシシもサルも。それにハクビシン、タヌキ、アライグマ・・・。クマやいろいろな外来種も加わって、日本の野生生物界は大混乱。植物は食い荒らされ禿山となり、風雨にさらされて山崩れさえ起きています。これを防ぐのは私達オオカミ以外にないのです。
「8月25日」は『オオカミの日』:明治時代に絶滅に追いやられたオオカミの役割の大切さを思い起こし、その復活を皆さんと考えます。



【日時】2018年8月24日(金)〜28日(火)
10:30〜16:00
【会場】下田市旧澤村邸:静岡県下田市三丁目16−10 <地図>
【入場】無料
【主催】一般社団法人日本オオカミ協会
【協賛】伊豆ユネスコクラブ、水木の会

【内容】<写真・パネル展示>蔵ギャラリー
オオカミのいない日本各地・伊豆天城の自然の惨状、オオカミが帰ってきた米国の国立公園イエローストーン、里山で里人とオオカミが共存する西ヨーロッパの現状を写真やデータ等で紹介。南方熊楠お気に入りの屏風絵等も。

<”オオカミイラスト40″>資料展示室
アーティストたちによるオオカミイラストの展示

<オオカミ・クラフトコーナー>(和室)
子供たち歓迎!ペーパー・クラフトに挑戦!

<書籍展示>(和室)
日米欧オオカミ絵本・写真集・解説書の展示紹介

<オオカミ・トークサロン>(休憩室)
[話し]丸山直樹(日本オオカミ協会会長・東京農工大学名誉教授)各回15人まで
8月25日(土)13:30〜15:00「オオカミの家族・ナワバリ・一人旅立ち・進化史」
8月26日(日)10:30〜11:30「赤頭巾ちゃんはウソ!田舎のオオカミ・森のオオカミ」
8月26日(日)13:30〜15:00「オオカミがシカを減らし、カモシカやクマを守る!」

【お問合せ】静岡県支部:三島 TEL:090−4701−1067



【オオカミより】まさか、わたしたちのことを「怖ーい、人食いオオカミ」だなんて思っていませんよね?オオカミって本当は、もともと数が少なくて、臆病者で、滅多に人前に姿を見せない、利口で優しい動物なのです。生態系での私たちの仕事は、食物連鎖上での捕食者兼スカベンジャー(掃除人)。言ってみれば「森番」でしょうか。1世紀前に日本からいなくなった私たちですが、どうか私たちのことを忘れないでください。いつでも日本に戻ってきて、皆さんと一緒に、昔のように里山から奥山まで、各地の山野で過ごしたいと願っているのです。オオカミのいない自然は、土台や柱が腐った家みたいなもの。とても崩れやすくて危険なのですよ。



コメントは受け付けていません。

東吉野村オオカミミュージアム2018

2018 年 7 月 7 日 土曜日

東吉野村オオカミミュージアム2018
■■■東吉野村オオカミミュージアム2018■■■



一般社団法人日本オオカミ協会講演会(紀州吉野支部)
【後援】東吉野村教育委員会

8月4日(土)東吉野村役場住民ホール <地図>
13時30分〜15時30分

【大槻国彦 氏】(日本オオカミ協会理事)
「森林はオオカミを求めている」

【シェルパ・カルマ 氏】(ネパール国政府ヒマラヤ上級トレッキングガイド)
「オオカミとの共生・ネパールの自然と文化」
ーーーネパールではオオカミを怖がる人はいないーーー

おおかみ展
■■■おおかみアート展&オオカミ生態パネル展■■■


8月5日(日)
8月11日(土)12日(日)
8月18日(土)19日(日)
10時〜17時
オオカミをモチーフにした斬新なアーティスト達の作品展
「かめやKAMEYA」東吉野村小川700番地

■■■おおかみcafe■■■


7月1日(日)〜8月26日(日)土・日曜日オープン
「かめやKAMEYA」東吉野村小川700番地


お問合せ:一般社団法人日本オオカミ協会(JWA)紀州吉野支部 上野一夫
電話:090−7042−3418

コメントは受け付けていません。

オオカミギャラリーin大網白里-オオカミを知ろう

2018 年 6 月 10 日 日曜日



 今、全国的に、イノシシ、シカ、ハクビシン、アライグマ、サル等野生動物が増えて、山林、田畑や家屋に被害を発生させるなど、自然と私たちの生活に大きな影響を及ぼしています。千葉県では、最近、外来種のキョンも加わり、これといった有効策がなく、とても困っています。理由ははっきりしています。これらの動物の唯一の天敵であるオオカミが明治時代に絶滅に追い込まれてしまったからです。すべてはオオカミに関する誤解や悪意のある宣伝によるものでした。日本だけでなく、オオカミは、これまでいろいろな地域で虐待され絶滅に追いまれてきました。しかし、欧米社会は、ようやく20世紀後半になってこの過ちに気づき、一転してオオカミの保護、復活に舵を切ったのです。オオカミが自然界でかけがえのない存在であることに気がついたからです。
 
 日本では、その復活はいまだに実現していません。オオカミが自然の守り手であることが十分に理解されていないからです。狩猟やジビエの振興ではオオカミの代わりはできません。日本列島を増え過ぎたシカの食害から守り、緑豊かな自然環境を末永く子孫に受け継ぐためにはオオカミの再導入による復活が欠かせないのです。

「オオカミを知ろう!オオカミギャラリーin大網白里」では、オオカミ不在で荒廃する日本の山野と地域社会の惨状、オオカミと共存する豊かな里山、オオカミの本当の生態についてお知らせします。ご家族、友人たちと一緒に気軽においでください。子どもから大人までお楽しみいただけます。

【内 容】 
・日本の自然、オオカミの生態、海外のオオカミ、千葉県にいたオオカミ等についてパネル展示
・オオカミの足跡、小動物の骨標本等展示
・ワークショップ オオカミの足型づくり、ぬり絵
 子どもから大人まで楽しめます。
【日 時】 7月21日(土)〜29日(日) 10時〜16時
【場 所】 アートギャラリー古屋敷 千葉県大網白里市下ケ傍示(サゲボウジ)60 
 築250年の静かな古民家、入場無料です。
 大網駅から白子車庫、サンライズ九十九里行き小湊バス 下ケ傍示バス停下車
【主 催】 (一社)日本オオカミ協会千葉県支部  連絡先 080-5024-9132 井上

      

コメントは受け付けていません。


鹿の食害を考える ドイツに見るオオカミとの共生

当協会が紹介されています
(動物や自然を守ろう にて)

トカゲ太郎のワンダー・ワールド

Get Adobe Flash player