■■■活動■■■ « 一般社団法人日本オオカミ協会

‘■■■活動■■■’ カテゴリーのアーカイブ

高知県後援決定!日米オオカミふぉーらむ2017in高知

2017 年 9 月 15 日 金曜日

日米オオカミふぉーらむin高知
シカやイノシシによる被害がとまりません!

高知県ではシカだけで年間2万頭を駆除し、張り巡らせた侵入防止フェンスも4,000kmを超えている、にもかかわらずです。 (ちなみに北海道から沖縄までの距離は3,000km) 何故でしょうか?

 かつて懸賞金を付けてオオカミを駆除した日本。同じように、アメリカ・イエローストーンでもオオカミを“害獣” として駆除しました。ところがシカの増加による自然の荒廃が進み、悩み、ついに22年前オオカミの再導入に踏み切りました。オオカミの再導入で自然(生態系)の復活を進めるアメリカ・イエローストーン。シカの駆除に懸賞金を付けたり、防護フェンスを提供したりして湯水のごとく税金をつぎ込み続ける日本。アメリカ・イエローストーン22年の経験に学び、日本の今後を考えます。

高知県後援決定!
日米オオカミふぉーらむ2017
~日本の自然の回復と保護を目指して~
「ちゃんと知りたいオオカミのこと。もっと考えようオオカミのこと。」

【日時】10月25日(水)18:00〜21:00
【会場】高知市立自由民権記念館ホール
    高知市桟橋通4丁目12−3
【定員】130名
【主催】一般社団法人日本オオカミ協会四国支部
【後援】高知県、高知新聞社、朝日新聞高知総局、毎日新聞高知支局、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、KSSさんさんテレビ

【お問い合わせ】四国支部 TEL:090‐4979‐0652 松林まで

チラシのダウンロードはこちらから▷▷▷日米オオカミふぉーらむ2017in高知

<講演と意見交換>
オオカミの再導入で自然はどう変わったか。人との関係は…。
~アメリカ・イエローストーンからの報告~
講演者/スティーブ ブラウン
(Adventure Yellowstone,Inc 代表)

オオカミの駆除後、日本の自然はどう変わったか、そしてこれから。
~シカ、イノシシの被害の現状と、これからへの提言~
講演者/丸山 直樹
(一般社団法人日本オオカミ協会 会長、東京農工大学 名誉教授)

<パネリスト〉
スティーブ・ブラウン 氏
イエローストーン国立公園公認ガイドで自然生態系講師歴20年以上。
 マイアミ大学の生物学・生態学・哲学科を卒業。交換留学生として来日その後、オハイオ州立大学院で日本語、日本文学修士課程を修める。モンタナ州立大学院では動物学科等の修士課程を卒業。モンタナ州立大学では約7年間イエローストーン生態学や日本史を教える。
 イエローストーンを中心にアラスカからカリフォルニアまで多数の国立公園で自然教育プログラムを手がけ、会社設立以降21年間4万人以上の日本人観光客、学生を教育してきた実績を持つ。日本だけでなく世界中の人々に野生動物生態や大自然保護管理について教えている。日本オオカミ協会学術会員。

丸山 直樹 氏
 1943年新潟県生まれ。東京農工大学名誉教授、農学博士
(北海道大学)

 1966年東京農工大学農学部卒業後、新潟県林業試験場勤務をへて、68年、東京農工大学自然保護学講座の助手。以来一貫して野生動物保護の研究に従事。87年助教授、97年教授。専門は自然保護文化論、野生動物保護学。
 シカの生態・保護・管理を研究するうちに、頂点捕食者オオカミの重要性に思い至り、93年、日本オオカミ協会を設立し、会長に就任。以来、オオカミ再導入のために、各地を奔走する。
主要著書/「地球は誰のもの?」「オオカミを放つ~森・動物・人の良い関係を求めて~」「オオカミが日本を救う!~生態系での役割と復活の必要性

チラシのダウンロードはこちらから▷▷▷日米オオカミふぉーらむ2017in高知

コメントは受け付けていません。

日・米オオカミふぉーらむ 2017

2017 年 9 月 12 日 火曜日

日・米オオカミふぉーらむ2017
エコロジスト、スティーブ・ブラウン氏が語る帰ってきたオオカミ!
増え過ぎたシカを減らし生態系の回復を実現した北米イエローストーンの成功物語


鹿によって公園内の殆どの植物が食べつくされ荒れ果てたイエローストーン国立公園。
鹿の生息数をコントロールしようと試みますが効果はなく増え続けます。そこにオオカミが戻ってからは植物たちが息を吹き返し、鳥が生息し始め、やがてビーバーも住みだし生態系が回復しました。
そのイエローストーン国立公園公認ガイドのスティーブ・ブラウン氏が語ります。

スティーブ・ブラウン氏は日本語が堪能で講演会も日本語で語ります。
もちろん質疑応答も日本語です。

2017/10/21(土)~ 11/12(日)
福岡・熊本・岡山・高知・滋賀静岡・長野・埼玉・東京
参加費無料(岡山を除く)

参加申込みはこちらから▷▷▷参加申込みフォーム

<スティーブ・ ブラウン氏 プロフィール>
スティーブ・ ブラウンイエローストーン国立公園公認ガイド【自然生態系講師歴 20 年以上】マイアミ大学の生物学・生態学・哲学科を卒業 交換留学生として日本へ。その後、オハイオ州立大学院で日本語、日本文学修士課程を修め、モンタナ州立大学では動物学科等の修士課程を卒業。モンタナ州立大学で約 7 年間イエローストーン生態学や日本史を教える。イエローストーンを中心にアラスカからカリフォルニアまで多数の国立公園で自然教育プログラムを手がけ、会社設立以降 21 年間 4 万人以上の日本人観光客、学生を教育してきた実績を持つ。日本だけでなく世界中の人々に野生動物生態や大自然保護管理について教えている。一般社団法人 日本オオカミ協会学術会員(Fellow)

<イエローストーンの成功例と日本の今後>
かつてオオカミを害獣として駆除したアメリカと日本。その後どちらもシカの増加など生態系に歪みが生じ自然の荒廃が進みました。22 年前アメリカはついにオオカミの再導入に踏み切り、イエローストーンの自然生態系は豊かさを取り戻し始めました。対して日本は、シカの駆除に懸賞金を付けたり、防護フェンスを提供したりして湯水のごとく税金をつぎ込み続けています。ジビエも最終的な解決策ではありません。アメリカ・イエローストーン 22 年の経験に学び、日本の生態系保全の今後を考えましょう。

※日本で絶滅したオオカミは、イエローストーンや北米、ユーラシア など北半球に広く生息するハイイロオオカミと同じ種です。だから再導入するオオカミは外来種ではありません。

〔福岡〕10 月 21 日(土)13:30 ~ 15:30
オークホール(そえだ公民館)
福岡県田川郡添田町庄 952 Tel.0947-82-2559 (駐車場なし)
『オオカミは森を守り、アカザを守る︕』
武貞誉裕(アカザを守る会)090-2965-8081

〔熊本〕10 月 22 日(日)13:30 ~ 16:00
熊本県立大学講義棟 1 号館 1 号教室
熊本県熊本市東区月出 3 丁目 1-100 Tel.096-383-2929
『肥の国の風土を守る︓オオカミを呼び戻せ︕』
小邦 徹(JWA 九州) 080-1784-2513

〔岡山〕10 月 23 日(月)18:30 ~ 21:30
岡山ガーデン(旧両備ガーデン)
岡山県岡山市東区寺山 147-1 Tel.086-297-2182
『オオカミは日本を救う PartII: 日米野生動物対談』
佐藤朋子(マグメル)080-5455-8740
参加費 2,500 円(軽食ドリンク付き)

〔高知〕10 月 25 日(水)18:00 ~ 21:00
高知市立自由民権記念館
高知県高知市桟橋通 4 丁目 14-3 Tel.088-831-3336
『日米オオカミふぉーらむ 2017』
松林直行(JWA 四国)090-4979-0652

〔滋賀〕10 月 26 日(木)17:00 ~ 19:00
西浅井まちづくりセンター
滋賀県長浜市西浅井町大浦 2590 Tel.0749-89-1125
『オオカミは琵琶湖の守り手︓シカから森と山を守る』
寺井久慈(JWA 東海)090-3442-1121

〔静岡〕10 月 28 日(土)13:30 ~ 17:00
Via701(ヴィアななまるいち)ホール 701
静岡県三島市本町 7-30 Tel.055-976-0038 (駐車場なし)
『オオカミが守る世界遺産富士山』
仁杉秀夫(JWA 静岡)090-4216-8417

〔長野〕10 月 29 日(日)13:30 ~ 16:30
上小森林センター
長野県上田市富士山 2464-226 Tel.0268-39-8522
『ジビエ頼みで大丈夫か︖ オオカミ不在の信州』
林 貴士(JWA 長野)090-3240-9991

〔埼玉〕11 月 11 日(土)15:00 ~ 17:00
駿河台大学大講義室
埼玉県飯能市阿須 698 Tel.042-972-1111
『21 世紀オオカミ信仰は︖︓エコウルフ』
岩堀弘明(JWA 埼玉)090-4069-8787

〔東京〕11 月 12 日(日)13:30 ~ 17:00
中央区立環境情報センター
東京都中央区京橋 3-1-1 東京スクエアガーデン 6F Tel.03-6262-0980
『オオカミ復活と 21 世紀エコシティー』
鈴木敞治(JWA 東京)090-1103-2949

※ 開場は、各会場とも 30 分前です。
※ お問合わせは、各会場担当までお願いいたします。

参加申込みまたは問合せはこちらから▷▷▷参加申込みフォーム

コメントは受け付けていません。

ネパールではオオカミを怖がったりする人はいない

2017 年 9 月 8 日 金曜日

第3回オオカミオープンセミナー東海:オオカミと共生・ネパールの自然と文化
「ネパールでは:オオカミを怖がったりする人はいない」


ネパールではオオカミを怖がったりする人はいない
 猛暑と集中豪雨、天候不順が幻のよう。また、シカの雄叫びが紅葉に染まった山々にこだまする季節。シカの増えすぎは今や日本中どこでも。シカによる森林生態系や農林業の被害が発生し、もう、柵や狩猟、駆除などに頼るだけでは効果なし。頼みの綱はやはり天敵オオカミの復活。これを邪魔しているのが、オオカミ人食いの偏見です。これを正すのは、正しい科学的な知識です。北米やヨーロッパ、アジア中・北部のオオカミの生態はよく紹介され、やたらに人を襲っていないことはよく知られるようになりました。それでは南アジアやインド亜大陸ではどうなのでしょうか。

 ネパールは世界最高峰エベレストなど、登山の世界では知らぬ人はいませんが、自然や野生動物、それに人々の暮らしや産業などについては意外に知られていません。今回の東海(名古屋)オオカミセミナー第3回はヒマラヤ、ネパールのオオカミの話題です。

 日本と同じような棚田や段々畑での農作業中、ネパールの農業者はオオカミに出会うことはないのでしょうか。毎日、数時間かけて通学する子供たちはオオカミを怖がっていないのでしょうか。お年寄りは大丈夫なのでしょうか。

 素晴らしいヒマラヤの風景と自然に関するスライドを写しながら、これらの疑問に答えていただくのは、カルマ・ギャルゼン・シェルパさんです。カルマさんはネパールのシェルパ族出身。現在は奈良県御所市に在住。ヒマラヤのトレッキングガイドを専門にしておいでです。カルマさんのお話では、怖いのはトラとヒマラヤグマ(日本のツキノワグマと同種)。彼らは本当に人を襲うので油断ができない。一方、オオカミとドールは「ちょっと変わった犬だな」と思うくらいで、大人も子供も、誰も殆ど気にかけていないとか。

 ネパールのオオカミの話が聞けるのは本当に貴重で稀な機会です。ご関心をお持ちの皆様、どうぞおいでください。お待ちしています。

【日時】平成29年10月7日(土)13:30〜16:00
【会場】名古屋国際センター 5F 第6会議室
    〒450-0001 名古屋市中村区那古野一丁目47-1
【お話】カルマ・ギャルゼン・シェルパ
    アイスランドトレッキング日本関西事務局代表
    国際協力NGOハンドトゥ-ハンドカルマプロジェクト代表
【主催】一社)日本オオカミ協会東海支部(連絡先:瀧川桂三 電話:080-5158-6775)
【お話】日本語
【入場無料】
【会場案内】地下街「ユニモール」を直進していただくと、地下鉄桜通線「国際センター駅」及び名古屋国際センタービル地下に連絡。名古屋駅から徒歩7分。<アクセスマップ

コメントは受け付けていません。


鹿の食害を考える ドイツに見るオオカミとの共生

当協会が紹介されています
(動物や自然を守ろう にて)

トカゲ太郎のワンダー・ワールド

Get Adobe Flash player