■■■地方便り■■■ « 一般社団法人日本オオカミ協会

‘■■■地方便り■■■’ カテゴリーのアーカイブ

触れる展示:オオカミの足跡って大きいぞ!

2018 年 1 月 12 日 金曜日


オオカミの足跡
一般の美術館・博物館の多くは、基本的に<見る>ための美術館・博物館です。展示物がガラスケースの中にある、あるいは「触れないでください」と書かれているミュージアムが多い中、地域の公民館において本物の作品や標本に触れる展示が企画され、日本オオカミ協会がオオカミ足跡のレプリカ(のレプリカ)を提供しました。

鈴が峰公民館は、広島市西部にそびえる標高312Mの鈴ヶ峰の中腹にあります。正面に厳島を眺望できる地域住民の憩いの場であり、井口台小学校や井口台中学校と隣接する校外学習の拠点でもあります。この公民館職員の発案で、『森の生態系を考える展示』が2017年12月1日から25日まで開催されました。日本オオカミ協会と広島修道大学とがこれに協力し、野生動物の骨格標本とオオカミの足跡のレプリカを用いた現代アート作品を出品しました。出品物は「触って」学習していただけるように作成・展示し、児童生徒が触ることで、少しづつ違った『オオカミのいた頃の森の記憶』が演出されたそうです。

骨格
骨格標本など(新田由美子、作成と提供):
オオカミ足跡レプリカのレプリカ(イエローストーンのオオカミの♀2歳、中国内モンゴル自治区のオオカミ)、トカラヤギ(♀頭蓋)、ノウサギ(頭蓋、長骨など多数)、ニホンジカ(♀頭蓋)、チョウセンイタチ(全身)、イノシシ(下顎ほか)、その他の骨格標本を、自由に触ることが可能。骨格テキストも閲覧可能で、興味次第で重量やサイズを測定可能。

オオカミの足跡、沼本秀昭、制作『森の記憶
オオカミ足跡(沼本秀昭、制作):
『森の記憶』と題する(落ち葉の中に、オオカミの足跡レプリカのレプリカ、野生動物の骨、空き缶やスニーカーの足跡を配した)現代アートで、骨、空き缶や落ち葉は自由に配置換え可能。

レポーター:JWA中国支部長 新田由美子

コメントは受け付けていません。

パネル展示『オオカミはこわくない オオカミは里山の動物』

2017 年 8 月 20 日 日曜日

オオカミはこわくない オオカミは里山の動物
パネル展示『オオカミはこわくない オオカミは里山の動物』
を千葉県支部主催で実施します。
皆さまふるってご参加ください。

【期間】2017年8月17日(木)~9月3日(日)
【場所】千葉県いすみ環境と文化のさと:千葉県いすみ市万木2050
http://www.isumi-sato.com
【内容】
1.里山とオオカミ
2.野生動物被害
3.世界のオオカミ
4.オオカミの生態
5.その他
【その他】無料。展示のみ。
担当者:井上

コメントは受け付けていません。

まだお申込み頂けます!「夏休み!東吉野村オオカミミュージアム」

2017 年 7 月 15 日 土曜日

先日ご案内致しました「オオカミの日」記念イベント
夏休み!東吉野村オオカミミュージアムに付いてのお知らせ


 

奈良県東吉野村の会場へのアクセスについて、多数のお問合せをいただいております。
始めて来られるかたも多いので、交通アクセスガイドをご用意しました。公共交通でも自家用車でも大丈夫です。

8月26日の講演会はご好評につき、席を増やしてお待ちしています。この機会にどうぞ席をご予約のうえご来場ください。
会員の方は、8月26日の晩に懇親会を予定しておりますので、天好園へのご宿泊を是非お申込みください。

締切:7月31日まで(問合せ多数のため延長いたします)


今年は紀州が生んだ博物学の巨人、南方熊楠の生誕150周年にあたることから、熊楠が遺したオオカミの言い伝えや当時の民俗に焦点をあてます。もちろん、最後にニホンオオカミ捕獲された東吉野村ならではの、オオカミを利用した村おこしの紹介もあります。
この夏最後、緑あふれる清流の村、東吉野村でニホンオオカミの最期に思いをはせ、これからの山村、森林のあり方について一緒に知恵を絞りましょう。

お申込みは下記フォームよりお願いします。

wolf

■お名前 (必須)

■会員番号 会員の方はご記入ください!

■メールアドレス (必須)

※メールアドレスの入力ミスが多くなっておりますので確実にご入力ください。
お問合せ頂きますと自動的に入力頂いたメールアドレスに確認メールが送信されます。こちらが届かない場合は入力ミスの可能性がございますのでご確認ください。

■電話番号 (必須)

■項目 (必須)
講演会25日宿泊26日宿泊お問合わせ
宿泊希望の場合は男女別をお知らせください。

■お問合せ内容

今一度ご記入内容をご確認ください!
下記送信ボタンを押すと直ぐに送信されます。

wolf

コメントは受け付けていません。


鹿の食害を考える ドイツに見るオオカミとの共生

当協会が紹介されています
(動物や自然を守ろう にて)

トカゲ太郎のワンダー・ワールド

Get Adobe Flash player