神奈川県支部 « 一般社団法人日本オオカミ協会

‘神奈川県支部’ カテゴリーのアーカイブ

人よりもシカが多い?丹沢の山

2016 年 8 月 16 日 火曜日


真夏のアンケート調査 第2回報告【神奈川県支部】

実施日:平成28年8月6日(土)晴れ
時 間:10:00~16:00
場 所:宮ケ瀬湖畔園地
調査員:後藤(静岡県支部)、高木、白木(神奈川県支部)

 神奈川県丹沢山地北東部の宮ケ瀬湖畔園地周辺でアンケート調査を行った。四季折々には行楽客で賑わう人気の湖畔園地であるが、暑さと今日から始まったリオオリンピック開会式のせいか人影が少ない。午前中は園地及びダムサイト周辺を視察したが、この時期にはシカの痕跡も見当たらなかった。

 午後から木陰を選んで手分けしてアンケート調査を行った。少ない行楽客は暑い中でも快く調査に協力していただき、わからないながらも話は盛り上がった。あまりの暑さに熱中症を警戒して早めに切り上げた。閑散とした園地であったが、72枚を集めることができた。

宮ケ瀬湖園地

宮ケ瀬湖園地




コメントは受け付けていません。

神奈川県支部会員向けセミナーのお知らせ

2016 年 3 月 31 日 木曜日

サクラの咲く心地よい季節となってまいりました。
日頃からJWAのオオカミ復活活動にご協力をいただきありがとうございます。
この度、神奈川県支部では初めての会員向けセミナーを開催いたします。
多くの方の参加をお待ちしています。

オオカミがいなくなりシカが増えた神奈川の森の野鳥は、どうなっていくのか。
野鳥の専門家坂本堅五氏と丸山会長にお話しを聞きます。

【テーマ】「野鳥・シカ・オオカミ」
【日 時】 平成28年5月18日(水) 18:00~20:00
【場 所】 かながわ県民活動サポートセンター 710会議室(24人)
横浜市神奈川区鶴屋町2-4-2 電話:045-312-1121
横浜駅きた西口を出て、鶴屋橋(現在工事中)を渡って左へ200m。

【参加費】無料
【内 容】

前半:講師 坂本堅五氏(JWA会員)
(公財)日本鳥類保護連盟 専門委員・元調査室長
演題 「知っておきたい鳥の知識と神奈川県における最近の野鳥事情」
後半:講師 丸山直樹JWA会長


セミナー参加希望の方は4月11日(月)まで白木登宛にお願いいたします。
神奈川県支部会員は面倒でも、欠席、未定の方もご連絡ください。
白木登:TEL045-531-9569 携帯080-5408-9775
メールでの問い合わせは下記よりお願いします。

wolf

■お名前 (必須)

■会員番号 会員の方はご記入ください!

■メールアドレス (必須)

※メールアドレスの入力ミスが多くなっておりますので確実にご入力ください。
お問合せ頂きますと自動的に入力頂いたメールアドレスに確認メールが送信されます。こちらが届かない場合は入力ミスの可能性がございますのでご確認ください。

■電話番号 (必須)

■お問合せ内容

今一度ご記入内容をご確認ください!
下記送信ボタンを押すと直ぐに送信されます。

wolf


コメントは受け付けていません。

さがみ自然フォーラムに参加します

2016 年 2 月 11 日 木曜日

さがみ自然フォーラム
神奈川県支部・展示会のお知らせ 「神奈川県でオオカミの復活を!」

第15回さがみ自然フォーラムに参加します。
生物多様性あつぎ戦略推進事業
NPO法人神奈川県自然保護協会創立50周年記念事業

テーマ:豊かな自然の保全・再生 「野生のいきものとどう付きあうか」
神奈川の自然を守りたいという県下の自然保護団体が一堂に会して情報交換する場所で写真展示、活動報告をします。

日時:2016年2月11日(木・祝)~15(月)9:00~18:00
場所: アミューあつぎ 5階 アートギャラリー(展示)
厚木市中町2-12-15 小田急線 本厚木駅東口から徒歩7分(イオン厚木店向かい)
主催:厚木市・NPO法人神奈川県自然保護協会
後援:神奈川県・神奈川県教育委員会・(公財)日本鳥類保護連盟・
(公財)日本自然保護協会・(公財)かながわトラストみどり財団

展示内容は、110年前までは神奈川にもオオカミがいたという歴史(丹沢周辺で遺骸保管の分布図等:飯村作成)や各地の被害状況の写真、樹皮の剥皮の食痕(実物)、足跡のレプリカ、オオカミテリトリーのジオラマ模型など。

10分間のパネル説明では参加団体が各自活動を報告します。当会は、狩猟者は減少するものの捕獲数は増え続けている丹沢のシカによる被害の現状を訴え、オオカミを復活させて豊かな自然の丹沢にしようと提唱。現在の獣害対策は全国各地と同様、捕獲駆除、獣害防止柵の設置で人間主体の対策となっている。丹沢では狩猟と管理捕獲で毎年2,000頭以上捕獲しており一部地域ではシカ密度の低下がみられるが、全体では依然として林床植生の後退が続いている。狩猟者が減って被害が増えていく現状と今後の対応としてはオオカミの必要性を強くアピールし、様々な機会を捉えてこの様な展示を広げていきたい。

スタッフを募集しています!ご協力をお願いいたします。

コメントは受け付けていません。


鹿の食害を考える ドイツに見るオオカミとの共生

当協会が紹介されています
(動物や自然を守ろう にて)

トカゲ太郎のワンダー・ワールド

Get Adobe Flash player