■■■地方便り■■■ « 一般社団法人日本オオカミ協会

‘■■■地方便り■■■’ カテゴリーのアーカイブ

【埼玉】日米オオカミふぉーらむ2018

2018 年 10 月 25 日 木曜日

オオカミふぉーらむin小川町
オオカミふぉーらむin小川町

日本の森は増えすぎたシカの被害で土壌崩壊の危機に瀕しています!
日・米オオカミふぉーらむ埼玉2018in小川町
絶滅したオオカミの復活を目指す!

【日時】11月11日(日)14:00〜17:00
   ※13:30から受付を開始します。
【参加費無料】
【会場】小川町立図書館 視聴覚ホール(定員130名)
    埼玉県比企郡小川町大字大塚99番地1
    交通アクセス 東武東上線・JR八高線「小川町」駅より徒歩8分。
    駐車スペースに限りがありますので公共の交通手段をご利用ください。
【講師】
<スティーブ・ブラウン 氏>
イエロースト―ン国立公園公認ガイドで自然生態系講師歴20年以上。マイアミ大学の生物学・生態学・哲学科を卒業。交換留学生として来日、その後オハイオ州立大学院で日本語、日本文学修士課程を修める。モンタナ州立大学院では動物学科等の修士課程を卒業。同大学では7年間イエローストーン生態学や日本史を教える。イエローストーンを中心にアラスカから カリフォルニアまで多数の国立公園で自然教育プログラムを手がけ、日本だけでなく世界中の人々に野生動物生態や大自然保護 管理について教えている。日本オオカミ協会学術会員。

<堂本 泰章 氏>
1956年福井県大野市生まれ。(公財)埼玉県生態系保護協会事務局長。1984年、財団立ち上げから、生物多様性豊かな、そして持続可能な社会を目指し、フィールドワークをベースに政策提言、環境教育、トラスト活動など、さまざまな活動を行う。県・また首都東京の水源でもあり、多くの野生生物の生息・生育環境でもある秩父山地では、「水のトラストしよっ」基金の担当として水源地の自然を守るために積極的に活動に参画。同協会ではこれまで奥秩父ムジナ沢や両神山の山頂エリアを含む 約1700haの森を確保している。現在(公社)ナショナルトラスト協会常務理事、(公財)日本生態系協会理事、(公財)埼玉みどりのトラスト協会理事、NPO法人あらかわ学会理事等務める他、各種審議会・検討会委員等および講師を務める。

【主催】一般社団法人日本オオカミ協会埼玉県支部
【後援】 一般社団法人日本オオカミ協会
【協賛】 株式会社ピーアンドディコンサルティング
【事務局】〒350-0041 埼玉県川越市六軒町1-3-10
     岩堀建設工業(株)内TEL:049-225-5111 FAX:049-225-3737
     担当 吉田

【開催趣旨】
 異常気象が日常化するようになり、集中豪雨による河川の氾濫、山林の土壌崩壊など日本の環境問題は深刻になっております。
農林業の衰退によるハンターの減少もあって、野生哺乳類による被害は増大するばかりです。中でもシカ、イノシシ、サルの激増による生態系の破壊は社会問題となってきました。行政は防護柵の設置や罠猟などの捕獲対策をしてきましたが、野生動物の増加が上回っている状況を解決する術がありません。

 この根底にある要因は、頂点捕食者オオカミの絶滅にあることは間違いない事実です。山林崩壊や農作物被害の増大は増え続けていますが、世界の主要国でオオカミを認めない国は日本だけです。この解決策をグローバルな視点から論じる場を設けることは、今何よりも求められており、国民的な合意形成に向けた議論をして行くことが欠かせません。

 国際的な先進事例であるアメリカ.イエローストーン国立公園での取り組みを学び、わが国の進むべき方策について議論を深める場として、(一社)日本オオカミ協会は、日米オオカミフォーラム2018を全国各地で開催いたします。やはりいろいろな誤解から米国でもオオカミ復活に激しい反対運動がありましたが、イエロース トーン国立公園は今や世界のオオカミ研修の場として世界中から研究者、観光客を集めています。長年イエローストーンでの取り組みを経験してきたスチーブ・ブラウン氏を講師に招いて、その反対運動の歴史をはじめ、オオカミ導入の成果を講演していただきます。

 また埼玉県生態系保護協会の堂本事務局長は、生態系保護活動を通して自然界の在り方を研究し、世界の自然保護文化に目を配り、他に先駆けて我が国への紹介、導入に努力しておいでです。生物多様性保護の観点からの議論が期待されます。

【会場案内】





コメントは受け付けていません。

【横浜】日米オオカミふぉーらむ2018

2018 年 10 月 16 日 火曜日

横浜ふぉーらむ2018

現在、⽇本には400万頭を越える野⽣のニホンジカが⽣息し、⼭の植物を⾷べ尽くし、⽇本の⽣態系は破滅の道を進んでいます。国や地⽅⾃治体は、ジビエや防⿅柵で対策していますが、とてもこれらでシカの増⼤に対応できません。

これらの問題の解決にはシカの天敵のオオカミ再導⼊が決め⼿!!

この度は、オオカミ再導⼊に成功した⽶国からオオカミに詳しい、スティーブ・ブラウン⽒を招きイエローストーン国⽴公園の事例を中⼼にオオカミを通じた⽣態系の保護について議論します。

講演を聞いて、あなたの疑問を解決して下さい。

<<<講演会の開催案内>>>

【演目】
<題目1>「丹沢のシカとオオカミ再導入」
講師:木村直也氏(日本オオカミ協会神奈川県支部幹事)
<題目2>「オオカミ再導入、米国イエローストーン国立公園の事例」
講師:スティーブ・ブラウン氏(米国)日本語でお話します。

【日時】10⽉28⽇(⽇)13:30 〜 15:30
【⼊場無料】
【会場】横浜市教育会館(横浜市⻄区紅葉ケ丘) 第⼀研修室
    JRの場合、桜⽊町駅から徒歩10分
    市営地下鉄の場合、桜⽊町駅から徒歩10分京急線の場合、⽇ノ出町駅から徒歩10分

【主催】⼀般社団法⼈ ⽇本オオカミ協会 神奈川県⽀部
【後援】横須賀市教育委員会

【会場案内】

コメントは受け付けていません。

【名古屋】日米オオカミふぉーらむ2018

2018 年 10 月 12 日 金曜日

ふぉーらむ2018in名古屋

ふぉーらむ2018in名古屋



 

日・米オオカミふぉーらむ 2018 in 名古屋 オオカミを正しく知ろう!
絶滅したオオカミの復活で獣害から里山を守る! ~ アメリカでの復活成功事例と日本のこれから

2018年10月27日 ( 土 ) 14:00 ~ 16:00 ( 開場 13:30 )

【参加費】無料
【会場】中部大学名古屋キャンパス6F ホール
愛知県名古屋市中区千代田 5-14-22
【主催】一般社団法人 日本オオカミ協会東海支部
【共催】中部大学国際 ESD センター

里山から奥山まで、今、日本の森林生態系は、全国どこでも増え過ぎた『シカ荒れ』によってボロボロです! 濃尾平野を囲む、鈴鹿、伊吹、美濃、三河の山々もシカ の高密度生息地帯。 このままでは、農林業も立ち行きません。交通事故や傷害事故も頻発しています。『シカ荒れ』の恐さは、今夏のような異常豪雨が引き金になって、山崩れ、土石流、 洪水など深刻な惨事につながることです。美しい自然なくして幸せはありません。オオカミは生態系全体を守ります。 発想の転換:人工的管理から自然調節へ 『シカ荒れ』の原因は、もちろん、明治時代のオオカミの絶滅:最強の天敵を失ったこと、そして近年のハンター激減も。もう、目先の対策では効果はありません。本命は、明治に絶滅させたオオカミの復活による食物連鎖の修復以外にありません。 このフォーラムでは、オオカミの復活と保護が先行する欧米の実例を紹介し、『日本のこれから』を考えます。 その実現は、もちろん、国民が『真実』を正しく知ることから始まります。

◆レポート1【世界初のオオカミ再導入:米国イエローストーン国立公園の成功】(日本語)

By スティーブ・ブラウン

日本ファン、ナチュラリスト、イエローストーン国立公園公認ガイド、マイアミ大学(生物学・生態学・哲学)、 オハイオ州立大学修士課程(日本語・日本文学)、交換留学生で日本へ。モンタナ州立大学修士課程(動物学)。同大学で 7 年間イエローストーン生態学や日本史を教える。イエローストーンを中心に多くの国立公園で自然教育プログラムを手がけ、日本を初め、世界中の人々に野生動物生態や自然保護を普及。Adventure Yellowstone Inc. 代表。一社)日本オオカミ協会フェロー(学術会員)。

◆レポート2【ヨーロッパ里山でのオオカミとの共存:さて日本では?】

By 丸山 直樹

野生動物保護学、自然保護文化論。オオカミ復活の必要性を説いて 30 年。1993 年日本オオカミ協会設立。同協会会長。ヨーロッパ、内モンゴル、モンゴル、米国、カナダなど、調査、学会などオオカミ行脚。東京農工大学名誉教授、農学博士。編著「オオカを放つ」(白水社 2007)、「オオカミが日本を救う!」(白水社 2014)、対談「たけしの面白科学者図鑑へんな生き物がいっぱい!」(ビートたけし、新潮文庫 2017)など。
————————————————–
オオカミは怖くありません! 「赤頭巾ちゃん」はウソ!
オオカミは、人を怖がる、臆病な動物です! 私たちが正しく理解すれば、共生は可能です。
————————————————–
【お問合せ】一般社団法人日本オオカミ協会東海支部(瀧川桂三)
電話:080-5158-6775

コメントは受け付けていません。


鹿の食害を考える ドイツに見るオオカミとの共生

当協会が紹介されています
(動物や自然を守ろう にて)

トカゲ太郎のワンダー・ワールド

Get Adobe Flash player