ニュース&コメント « 一般社団法人日本オオカミ協会

‘ニュース&コメント’ カテゴリーのアーカイブ

『国際オオカミ・シンポジウム2018』参加ツアー

2018 年 6 月 15 日 金曜日

イエローストーン国立公園
『国際オオカミ・シンポジウム2018』参加ツアー
2018年10月11日(木)-14日(日)アメリカミネソタ州ミネアポリスで『国際オオカミ・シンポジウム2018』が開催され、オオカミ研究家を始め、世界中からオオカミや野生動物を愛する人々が集います。この機会に是非ご参加ください。

【選べる4コース】
A:10/7(日)出発9日間ー国際オオカミセンターの特別プログラム+オオカミシンポジウム
B:10/7(日)出発15日間ー上記Aツアー内容+イエローストーン国立公園特別プログラム
C:10/11(木)出発11日間ーオオカミシンポジウム+イエローストーン国立公園特別プログラム
D:10/11(木)出発5日間ーオオカミシンポジウムのみ

【特別プログラムとは?】
1:国際オオカミセンターが本ツアーに特別プログラムを提供
 センターのスタッフからオオカミの管理と生態系を学ぶ 施設内でのオオカミの観察
 夕暮れのオオカミ遠吠えツアー ハイキングを楽しみながらオオカミのサインを探す
2:イエローストーン国立公園でも特別プログラムを提供
 オオカミを始め様々な野生動物の生態系を学ぶ アニマルトラッキング等のアクティビティ
 イエローストーン国立公園スタッフから野生動物の管理を学ぶ 

【詳細資料】(PDFファイルが開きます)
・オオカミシンポジウム2018ツアー
・旅行代金とお支払について
・参加申込書

【詳しい旅のお問い合わせは】
アズトラベルサービス株式会社
TEL:06‐6947‐7190(担当:大竹)
>>>問い合わせフォーム

コメントは受け付けていません。

第2回おおかみ展

2018 年 3 月 20 日 火曜日

おおかみ展

従来の狼のイメージは「赤ずきんちゃん」や「三匹の子豚」などに見られるように野蛮で凶暴なものが多く、生物としての狼の姿を正確に現していない。我々が童話などを通じて抱く狼への恐怖心をドイツでは「赤ずきんちゃんシンドローム」と呼ぶ。日本における狼再導入に向けて従来のイメージにとらわれずにより科学的な知識を得るための入り口としての「おおかみ展」第2回目の開催。

【場所】IGAO
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-11-2AIOS広尾ビル1F
TEL:03-5793-3778

【期日】2018年4月1日~4月29日

【オープニング・レセプション】4月1日(日)14:00~23:00
【プレゼンテーション】丸山直樹氏(日本オオカミ協会)15:00~

【参加アーティスト】
Takeru Amano
Bakibaki
Natalia Bieganska
Michael Black
Simon De Boer
BOXER JUNTARO
Cohshi.
D[di:]
シンジフクモト
Daniela Jules Garza
Ginji
Masaoki Haba
萩山たかひろ
Hayato Hori (Holhy)
岩切章悟
Takeru Iwasaki
Jaako
Shimon Kato
Hideyuki Katsumata
Kaz
Kodai
松岡友
Mighty Mummy Frogs→
NANDE
苦虫ツヨシ
Ocho
オダユウジ
Ryuichi Ogino
Shun Okunuki
雄猿

SUI THE TOKYO
立花諭
高橋洋平
tAt
寺尾サトミ
Tsuka
Yoshi47




コメントは受け付けていません。

触れる展示:オオカミの足跡って大きいぞ!

2018 年 1 月 12 日 金曜日


オオカミの足跡
一般の美術館・博物館の多くは、基本的に<見る>ための美術館・博物館です。展示物がガラスケースの中にある、あるいは「触れないでください」と書かれているミュージアムが多い中、地域の公民館において本物の作品や標本に触れる展示が企画され、日本オオカミ協会がオオカミ足跡のレプリカ(のレプリカ)を提供しました。

鈴が峰公民館は、広島市西部にそびえる標高312Mの鈴ヶ峰の中腹にあります。正面に厳島を眺望できる地域住民の憩いの場であり、井口台小学校や井口台中学校と隣接する校外学習の拠点でもあります。この公民館職員の発案で、『森の生態系を考える展示』が2017年12月1日から25日まで開催されました。日本オオカミ協会と広島修道大学とがこれに協力し、野生動物の骨格標本とオオカミの足跡のレプリカを用いた現代アート作品を出品しました。出品物は「触って」学習していただけるように作成・展示し、児童生徒が触ることで、少しづつ違った『オオカミのいた頃の森の記憶』が演出されたそうです。

骨格
骨格標本など(新田由美子、作成と提供):
オオカミ足跡レプリカのレプリカ(イエローストーンのオオカミの♀2歳、中国内モンゴル自治区のオオカミ)、トカラヤギ(♀頭蓋)、ノウサギ(頭蓋、長骨など多数)、ニホンジカ(♀頭蓋)、チョウセンイタチ(全身)、イノシシ(下顎ほか)、その他の骨格標本を、自由に触ることが可能。骨格テキストも閲覧可能で、興味次第で重量やサイズを測定可能。

オオカミの足跡、沼本秀昭、制作『森の記憶
オオカミ足跡(沼本秀昭、制作):
『森の記憶』と題する(落ち葉の中に、オオカミの足跡レプリカのレプリカ、野生動物の骨、空き缶やスニーカーの足跡を配した)現代アートで、骨、空き缶や落ち葉は自由に配置換え可能。

レポーター:JWA中国支部長 新田由美子

コメントは受け付けていません。


鹿の食害を考える ドイツに見るオオカミとの共生

当協会が紹介されています
(動物や自然を守ろう にて)

トカゲ太郎のワンダー・ワールド

Get Adobe Flash player