獣害写真 « 一般社団法人日本オオカミ協会

‘獣害写真’ タグのついている投稿

展示会のお知らせ 「神奈川県でオオカミ復活を!」

2014 年 12 月 6 日 土曜日

 
「神奈川県にオオカミ」と聞いてビックリしませんか?別に驚くことはありません。丹沢山地には、明治以前にはオオカミが生息し、シカやイノシシを追いかけ、「食うものと食われるもの」の食物連鎖を通じて、山麓の常落混交林から稜線部のブナ林に続く豊かな森林生態系を守っていたのです。現在、オオカミは姿を消し、シカは増え放題。生態系は食い荒らされて、地肌がむき出しになり、山崩れの危険は増すばかりです。生態系は崩壊し続けているのです。

もう狩猟・駆除などの人の手ではシカの増えすぎを止めることはできません。人の手では、未来永劫、自然に人工を加え続けることになります。人間が自然を管理するという思想は完全に過去のもので間違っています。人工管理から自然調節へと時代は大きく変わろうとしています。「自然は自然の手に」。この決め手はオオカミの復活しかありません。丹沢山地は孤立しているわけではありません。関東山地、御坂山地、箱根山地、富士山、伊豆半島にもつながり、広大な山地の一角にあるのです。こうした山地にオオカミが生息できないわけがありません。

日本オオカミ協会神奈川県支部では、「さがみ自然フォーラム」に参加し、「オオカミ再導入の必要性と可能性」について多くの市民の皆様との意見交換の場を用意しました。多くの方々のご来訪を歓迎します。率直なご意見をお聞かせください。

さがみ自然フォーラムへの参加イベント

「神奈川県でオオカミの復活を!」

【主催】一般社団法人日本オオカミ協会神奈川県支部(代表:白木 登)
noborushiraki

【内容】獣害写真と説明及び歴史についてのパネル、
    オオカミ再導入テリトリー地図、ジオラマ模型の展示

【お問い合せ】TEL 045-531-9569
  メールでのお問合せはこちら▶▶▶お問合せフォーム

【日時】2014年12月21日(日) 11:00~16:30
  第一部 11:00~12:00(休憩)13:00~14:00(4階集会室)
  第二部 14:30~16:40(小ホール)講演会

【場所】厚木市文化会館 集会室&ホール <地図>
  厚木市恩名1-9-20  TEL:046-225-2588
  最寄駅:小田線小田原線「本厚木駅」徒歩13分

 
 
■■■「神奈川県でオオカミの復活を」お問合せフォーム■■■

wolf

■お名前 (必須)

■会員番号 会員の方はご記入ください!

■メールアドレス (必須)

※メールアドレスの入力ミスが多くなっておりますので確実にご入力ください。
お問合せ頂きますと自動的に入力頂いたメールアドレスに確認メールが送信されます。こちらが届かない場合は入力ミスの可能性がございますのでご確認ください。

■電話番号 (必須)

■お問合せ内容

今一度ご記入内容をご確認ください!
下記送信ボタンを押すと直ぐに送信されます。

wolf

コメントは受け付けていません。


鹿の食害を考える ドイツに見るオオカミとの共生

当協会が紹介されています
(動物や自然を守ろう にて)

トカゲ太郎のワンダー・ワールド

Get Adobe Flash player