白籏史朗 « 一般社団法人日本オオカミ協会

‘白籏史朗’ タグのついている投稿

白籏史朗氏追悼

2019 年 12 月 9 日 月曜日

山岳写真家の白籏史郎さんのご逝去(2019年11月30日)に哀悼の意を表します。
白籏氏は、人々の心を打つ、多くの素晴らしい山岳写真を残してくださいました。同時に、日本高山植物保護協会を設立し高山植物の保護に尽力されました。晩年は、日々激しさを増すシカの食害に心を痛め、南アルプスの景観生態の保全とともにオオカミ復活の必要性を訴えておいででした。

2009年10月に同協会が開催した第1回南アルプス100人会議での自由討論において、シカの天敵であるオオカミを放獣したらどうかとの発言があったことを知り、私たち日本オオカミ協会の会員も、2010年7月に開催された第2回南アルプス100人会議に参加し、私たちの活動をアピールしたところ、白旗さんから力強い賛同の言葉を頂きました。 その後2012年1月に発刊された高山植物保護協会の機関誌JASPA NEWS 67号巻頭で、オオカミ再導入を図り、日本の自然界を正常な姿に戻したいとの決意を書かれておいででした。また私達JWAと連携するために丸山直樹会長が2回講演会に招待されています。

私たちJWAも展示等で南アルプスのシカ被害状況を説明する際には白籏史郎さんが賛成してくれていることを伝えてきました。しかし、2016年5月発刊のJASPA NEWS80号には同協会静岡支部活動報告に反対記事が掲載されたことは大変残念なことです。白籏さんもさぞ悔しく思っておいでだったのではないでしょうか。

南アルプスの自然を愛する白籏さんは、高山植物を守るためとはいえ高山帯に人工物のフェンスが設置されることを苦々しく思っておいででした。高山植物保護協会はシカ害の周知とフェンスの設置、管理の強化を訴えていますが、それでは日本の自然界を正常な姿に戻したいという白籏さんの思いは実現できないと思います。オオカミ再導入への白籏さんの強い思いを実現するために、オオカミ再導入にご理解を頂き、ともに実現に向けて活動することをお願いします。これは白籏史朗氏の強い希望です。白籏さん、どうぞお見守りください。

Screenshot of shiro-shirahata.net

白籏史朗氏オフィシャルサイト

一般社団法人 日本オオカミ協会

コメントは受け付けていません。


鹿の食害を考える ドイツに見るオオカミとの共生

当協会が紹介されています
(動物や自然を守ろう にて)

トカゲ太郎のワンダー・ワールド

Get Adobe Flash player