最新情報 « 一般社団法人日本オオカミ協会

【書評】漂泊の牙

2017 年 6 月 3 日 by webmaster

漂白の牙
著者:熊谷達也(くまがいたつや)
書名:漂泊の牙(ひょうはくのきば)
発行年:2009年6月6日(第15刷)
(2002年11月25日初版)
出版社:集英社
ページ数:400p
版サイズ:文庫(集英社文庫)
定価:724円+税

 

 

本書は、東北地方を舞台とした、海外でオオカミの研究をしている城島郁夫が、日本に残した妻子をオオカミらしき動物に食い殺されるところから始まる動物冒険サスペンスである。城島郁夫は、かつて環境庁の自然保護レンジャーの職にあったが、現在は大学の非常勤講師をしながらWWFの仕事をエリック・ツイーメン博士に招かれて世界中でしている、という設定。結末は、邪念を持つものが作り出したオオカミ犬の仕業だったのだが、その過程では、「なぜ日本にオオカミがいなくなったのか」「なぜ日本人はオオカミを恐れるのか」「本来のオオカミは、どういう動物なのか」がよく描かれている。
また、オオカミ犬については、以下のように書かれている。

「オオカミ犬の育種に足を突っ込んでしまった人間は、一度だけの交配であきらめることはない。理想の犬、つまり、飼い主だけを受け入れ、飼い主に百パーセント従うオオカミ犬を作り出そうと、無益な、そして冒涜的な試みを繰り返す。

オオカミと交配させるような犬種としてよく使われるのが、ジャーマンシェパードだ。この犬は、ふつうに思われているような、オオカミに近い品種ではない。(略)しかし、一般の人々、そして、一部の育種家や飼い主は、ジャーマンシェパードにオオカミのイメージを重ねている。いや、そもそもが、交配、育種の過程で、育種家たちが、自分が抱いているオオカミのイメージ__それはオオカミの実像とは必ずしも一致していない__に、より近づけようとして作り上げたものとも言える。その結果、四肢が長くて、どちかといえばきゃしゃなオオカミよりも、胸幅が広く、胴体がどっしりとした威圧的な体躯の犬、ジャーマンシェパードが産み出された。当然のことながら、シェパードはオオカミではない。だが、一部の飼い主や育種家たちは、シェパードが決してオオカミではないという事実に行き当たると、幻滅を覚えるらしい。全く的外れな幻滅を。そして、彼らはこう考える。シェパードをオオカミと交配させれば、より鋭く、より勇敢な、そして、より忠実な、正にオオカミのような犬を作り出すことができるのではないか。

しかし、交配の結果生まれるオオカミ犬は、彼らの期待とは正反対の動物となる。すなわち、怖がりで、学習しようとせず、しかも独立心の強い肉食獣。飼い主が抱く”オオカミのように忠実な”というイメージからは全くかけ離れた存在となる。仮に、無理に調教しようとして、過剰なストレスをかければ、哀れなオオカミ犬は死ぬか、危険極まりない存在になってしまう可能性さえある。・・・」

この物語の場合は、ニホンオオカミとラブラトルレトリバーの交配によるオオカミ犬だった。そうなのだ、この物語ではニホンオオカミが山人に守られて絶滅せずに生き残っていたというオチで終わっている。実際にそうであったらほんとうにいいのだけれど。

評:吉浦信幸(長野県 獣医師)

コメントは受け付けていません。

ミニ企画展「御鷹場と人々の暮らし」

2017 年 5 月 26 日 by webmaster

鷹
皆様いかがお過ごしでしょうか?
日本オオカミ協会千葉県支部では、次の見学会を開催しますので、奮ってご参加いただきますよう、お願いいたします。

「県文書館ミニ企画展「御鷹場と人々の暮らし」見学会について」

目的:江戸時代の千葉県には、将軍や大名が鷹狩を行う御鷹場がいくつか存在しました。特に上総国山辺郡東金町(現東金市)周辺では、たくさんの鳥が獲れたため、徳川家康や秀忠がたびたび鷹狩りに訪れています。
 御鷹場に指定された村々は、日常生活においてもさまざまな制約や負担が課せられており、そうした村々の日常管理があってこそ、将軍や鷹匠ら鷹場役人が鷹狩に興じることができたのです。
 現代では、狩猟は私たちの生活と切り離されているイメージがありますが、江戸時代の人々は鷹狩と深くかかわって生きており、本展示ではそうした御鷹場に住む人々のくらしについて、古文書で紹介されています。学芸員の解説で見学します。

日時:6月3日(土) 14時現地集合 ~学芸員による解説
場所:千葉県文書館 千葉市中央区中央4-15-7
   最寄駅千葉都市モノレール県庁前(現地解散)
参加費:無料
参加申込み:お電話または、フォームにてお申込みください。
井上(080-5024-9132) 澤川(090-4177-1376)

wolf

■お名前 (必須)

■会員番号 会員の方はご記入ください!

■メールアドレス (必須)

※メールアドレスの入力ミスが多くなっておりますので確実にご入力ください。
お問合せ頂きますと自動的に入力頂いたメールアドレスに確認メールが送信されます。こちらが届かない場合は入力ミスの可能性がございますのでご確認ください。

■電話番号 (必須)

■項目 (必須)
お申込みお問合わせ

■お問合せ内容

今一度ご記入内容をご確認ください!
下記送信ボタンを押すと直ぐに送信されます。

wolf

コメントは受け付けていません。

視察見学会「北八ヶ岳シラビソ原生林のシカ被害とオオカミ:日本山岳会会員とともに」

2017 年 4 月 27 日 by webmaster

一社)日本オオカミ協会主催:視察見学会 (会員以外の一般の参加歓迎!)
『北八ヶ岳シラビソ原生林のシカ被害とオオカミ:日本山岳会会員とともに』 

[日時・場所]
5月19日(金)15:00集合 KKR諏訪湖荘(泊)1泊2食付き9980円
15:30~18:00 オオカミセミナー:話題:丸山直樹(JWA会長)「シカの季節的移動と亜高山帯林の保護、他オオカミについていろいろ」
18:00~入浴・夕食
夕食後:山の自然保護とオオカミ歓談会

5月20日(土)9:00~15:00
(午前)北八ヶ岳縞枯れ山のシラビソ林視察(往復:北八ロープウエイ利用)
(午後)霧ヶ峰草原視察 解散
入浴・夕食後:山の自然保護とオオカミ歓談会
宿泊:KKR諏訪湖荘 1泊2食付き9980円

引き続き『長野県支部総会』も是非ご参加ください。
5月21日(日)13:00~17:00 長野市生涯学習センター
「長野県支部総会」(永井一雄支部長:090-8658-0099)
講演:丸山直樹「オオカミの復活による自然生態系の再生保護と農林水産業の振興」 

[参加申込先]一社)日本オオカミ協会本部
〒415-0531 静岡県賀茂郡南伊豆町伊浜2687‐51 TEL&FAX 0558‐64‐8800

※ 観光シーズンなのでホテルがすぐに満室になる恐れ大です。
お申し込みは下記フォームよりお早めに。

wolf

■お名前 (必須)

■会員番号 会員の方はご記入ください!

■メールアドレス (必須)

※メールアドレスの入力ミスが多くなっておりますので確実にご入力ください。
お問合せ頂きますと自動的に入力頂いたメールアドレスに確認メールが送信されます。こちらが届かない場合は入力ミスの可能性がございますのでご確認ください。

■電話番号 (必須)

■項目 (必須)
お申込みお問合わせ

■お問合せ内容

今一度ご記入内容をご確認ください!
下記送信ボタンを押すと直ぐに送信されます。

wolf

コメントは受け付けていません。

鹿の食害を考える ドイツに見るオオカミとの共生

当協会が紹介されています
(動物や自然を守ろう にて)

トカゲ太郎のワンダー・ワールド

page top
Get Adobe Flash player