最新情報 « 一般社団法人日本オオカミ協会

「日米オオカミふぉーらむ2018山梨」大成功!

2018 年 3 月 10 日 by webmaster

富士川会場

去る2018年3月3日(土)山梨県富士川町町民会館、翌日4日(日)市川三郷町、三珠総合福祉会館(何れも午後13:30~16:00)での、スティーブ・ブラウンさん(Adventure Yellowstone, Inc)を招いてのフォーラム「イエローストーンの成功例と日本の今後」は久々の甲府盆地でのオオカミ講演会。カムバックウルフ(山梨県支部)主催の海外招聘オオカミ講演会はドイツの自然保護団体「NABU」のベッセルさんによる「日独オオカミシンポ2013」以来、5年ぶり。その後もシカ、イノシシ、ニホンザルなどが揃って増え続け、農地だけでなく周辺の富士山、秩父、南アルプス、八ヶ岳などの山地の自然生態系まで、どこでも激害が発生し、侵入防止柵と狩猟駆除、ジビエでは完全にお手上げ。10㎞ほどしか離れていない両会場に、初日55人、二日目85人、延べ140人の参加者を集めました。地域住民の多くの方々は第三の対策を待ち焦がれておいだったのでしょう。

何と言っても嬉しかったのは、地元選出の中谷真一衆議院議員(自民)、清水喜美男県議、金丸一元南アルプス市長、斎藤諭南アルプス市議の参加があったことです。オオカミ復活に政治家が理解を示し、実現に向けて努力していただかなくては、活動は前進しません。オオカミ復活は国民合意をベースにした国政の問題なのです。

参加者集めは広報が決め手です。今回は、HP、FBはもとより、地元役員の赤池幸久さんが中心になっての、こまめな口コミ活動に加えて、チラシを12000枚、大部分を新聞挟み込みとしたことが大きく功を奏したようです。チラシの新聞挟み込みは地域住民の関心を集める費用対効果が大変大きいし、チラシ配布の人手も省けるので、今後の講演会、シンポ、フォーラムなどイベント開催に大いに活用したいものです。比較的若い参加者にはHPとFBの効果があったようです。もちろん、地元の新聞、放送局の理解が得られて報道されたことももちろん大切でした。こうした総合的な広報活動は、フォーラムなどオオカミ集会開催にとって極めて大きな部分です。

3日の地元に関する基調講演は、カムバックウルフ山梨支部長の山野井英俊氏が農作物や森林だけでなく自然生態系を破壊し続ける南アルプスと富士川流域の獣害問題を、4日は同支部の小野俊彦氏がシカと人で一杯の富士山の自然の荒廃について報告しました。住民の地域の自然に関する情報は意外に少ないのです。しかし、最近は、侵入防止柵や狩猟・駆除では獣害防止に限界があることは理解されているようです。もっと地域の悲観的な獣害状況について知ってもらうことがオオカミ復活への理解につながることでしょう。希望はもちろんオオカミの復活です。

スティーブ・ブラウン氏のイエローストーンでのオオカミ虐待と保護に関する講演は、これまでオオカミを悪獣視する風評を吹き飛ばすのに効果的でした。オオカミ抹殺後、エルクジカやバイスンの増え過ぎで荒廃していた自然生態系はオオカミの再導入によって回復し始め、植生は復活し、姿を消していた生物たちが再び姿を現し、シカは減り続けて、見事に再生し続けていることが報告されました。また、オオカミによる咬傷事件は、北米では過去117年間で僅か27件(1年あたり0.23件)、そのうちの大部分は狂犬病と観光業者による餌づけが原因だということも知らされました。誤ったオオカミへの接し方をしなければ、オオカミが人を咬むことはないのです。これを聞いた人たちは「赤頭巾ちゃん」の呪縛から解き放されたと思いきや、直後の意見交換の部では「オオカミが人里に出てきて人を咬まないか」とか「オオカミが人を咬まないなど簡単には信じられない」といった意見が繰り返されたのには呆れました(スティーブ・ブラウンさんの話の直後だというのに…。まるで頭に残っていない)。小野さんから、日本ではオオカミは臆病者で人を恐れていたと説明されても半信半疑。赤頭巾ちゃんの刷り込みがこんなに強力だったとは驚きです。

ブラウンさんのような外部講師も嬉しいですが、今回もそうですが、支部役員の方々が地域住民に語り掛けるフォーラムは親しみを持って受け止められるので、地域での草の根活動としてもっと盛んになるとよいですね。山梨県支部「カムバックウルフ山梨」の仲間の役員各位の奮闘に拍手です。この調子で地域に根差した活動を展開し、入会者を増やしましょう。

(JWAカムバックウルフ支部長 山野井英俊)

コメントは受け付けていません。

オオカミ童話の多くは差別的です!

2018 年 3 月 4 日 by webmaster

童話ぬいぐるみのオオカミによる劇の上演や、映画の上映会。オオカミを悪者にした防犯劇、お話会、紙芝居等々。年中、様々な場所で行われていますが、それを苦々しく思っている人は多いと思います。しかし子供たちが楽しみにしているイベントなので、クレームを言うのもはばかられ、対応に苦慮していませんか?今回、次のように対処できましたのでお知らせします。

平成30年3月3日にぬいぐるみ劇『3びきのこぶた』が、男女共同参画センターの主催により市民会館で行われます。開催間近でしたが、2月28日に次のクレームと要望を電話で主催者に伝えました。

「私達は、日本の自然を守るためにオオカミの再導入と野生オオカミの復活を目指して活動している団体です。『3びきのこぶた』『7ひきのこやぎ』『赤ずきんちゃん』等の童話によって、オオカミが悪い動物として子供たちに強く刷り込まれ、運動の大きな妨げになっています。これらの童話に書かれているのは、誤解、偏見、いじめ、そして差別的です。この様な作品は上演しないでほしい。

もし、今回上演されるのであれば、私達が本当のオオカミの姿を伝えるために作成したリーフレットを来場者に配布してほしい」。

これに対し「今後、該当する作品を上演しない。リーフレット配布は、内容の確認と配布の準備があり今回は間に合わない」との回答が、後刻ありました。「今後当方のリーフレットを会館に配架してほしい」と要望し、了解されましたので郵送しました。ご理解をいただき感謝しています。

『いじめと差別』という言葉で当方の要望を伝えることができたと思います。是非、お試しいただくとともに、モグラたたきではないより組織的な対応ができないものか皆さんの知恵を求めています。これらの童話が元気でいる限り、オオカミ復活による日本の自然再生実現の大きな障害となります。遠慮せずに絶滅させましょう。

 

(日本オオカミ協会理事 井上守)

コメントは受け付けていません。

日米オオカミふぉーらむ山梨2018

2018 年 2 月 21 日 by webmaster


イエローストーンの自然の回復は自然の奇跡:鍵は絶滅オオカミの再導入‼
「甲斐の山と里を救うのはオオカミ!オオカミは人食いではありません」
「オオカミは外来種ではありません。日本の生態系と生物多様性の守り手です」


富士山

富士山


世界遺産富士山を守るのはダレ?
お花畑を食い荒らされた南ア櫛形山を守るのはダレ?
ライチョウを守るのはダレ?
シカ、イノシシ、サルなど野生動物が増え続けています!
決め手は生態系の修復:絶滅させたオオカミの再導入!
オオカミを呼び戻すこと(再導入)を提案します‼


 山梨県は山と森の国。最近、この広大な山地では、シカ、イノシシ、サルなどが増えすぎ、天然林、人工林を問わず、多様な森林やお花畑などの草原を破壊し続けています。植生を剥ぎとられて荒れた山肌からは栄養豊かな土壌が流失し、山腹の崩壊さえ始まっています。流出土砂は湖沼や河川を濁したり埋めたりして、災害の原因となっています。生態系の植生などの生物部分の回復は可能としても、非生物部分(地形、地質)の崩壊は元に戻すことはできません。シカを減らすことは急がれます。

 さらに、これらの増えすぎた動物たちは、人里に向かって生息域を拡大し、果樹園、菜園などの農地や住宅地にまで侵入し、被害を及ぼしています。人身事故、自動車事故も珍しくなくなりました。私たちが取り組んでいる自然を含む共生社会の実現には、この日常化した獣害問題を避けては通れません。

今行われている、増え過ぎ獣のコントロール対策は、専ら狩猟の強化が頼りです。山梨県も狩猟による駆除に力を入れています。そのためには、迷惑な獣類を自然資源として活用しようとジビエ(食肉)振興に努力しています。しかし、効果は不明です。侵入防止柵も作られ続けていますが、頭数は減らせません。県内のシカは増え続けています。もっと増えることでしょう。その理由ははっきりしています。ハンターが減り続けているからです。高齢化も進んでいます。ハンターの出身母体である山村社会の衰退が止まないからです。山梨県の人口も減り続けていますが、その割合は今のところ僅かです。だからと言って安心してはいられません。耕作放棄、集落放棄は直接自然と向き合う居住域の最前線(フロント)で進行し、このフロントは、県中心部に向かって後退し続けているのです。ハンターがいなくなっては困ります。その確保は大切です。ですが、その見込みは小さいのです。

 希望がないわけではありません。それは、自然の力=自然の調節作用に目を向けること、一世紀前絶滅に追い込んだオオカミの復活です。オオカミの再導入は難しいことではありません。人々がオオカミに対する誤解を解けばよいのです。

 ニホンオオカミは固有種ではなかったのです。北半球の陸上に広く分布するハイイロオオカミと同じ種だったのです。中国やロシアからの再導入によって復活したトキやコウノトリと同じです。オオカミも外来種ではありません。昔から生息していたオオカミが復活するのですから、日本の生態系や生物多様性に害になるはずがありません。それに、誤解を作り出してきた「赤頭巾ちゃん」などの童話は事実とは違う作り話なのです。賢くて臆病なオオカミは、人を恐れ、人前に姿を見せることはありません。オオカミを毛嫌いするのではなく、事実にもとづいて正しく理解しましょう。オオカミを恐れることはありません。

【日米オオカミふぉーらむ山梨2018:オオカミと生態系についてもっと深く知ろう!】

 今回、一般社団法人日本オオカミ協会「カムバックウルフ山梨」は、山梨県民の皆様に、オオカミと生態系、生物多様性に関する理解を深めていただくために、イエローストーンから自然教育の専門家、スティーブ・ブラウン氏を招いて、世界初の国立公園イエローストーンでのオオカミの迫害、絶滅、エルクジカの増え過ぎと自然荒廃、戦後のアメリカ人の自然観の成長、オオカミの復活、自然回復といった一連のイエローストーンのオオカミをめぐる自然史を紹介していただくことにしました。山梨県の現況と重ね合わせると、これから私たちが採るべき方策が見えてくるのではないでしょうか。

[基調講演]
1.山野井英俊(富士川町会場)「甲斐のシカなど獣害の現状と対策」
2.小野俊彦(市川三郷会場)「世界遺産富士山の森林生態系のシカによる荒廃と対策の限界」
3.スティーブ・ブラウン「イエローストーンの自然史:オオカミとシカをめぐる失敗譚と成功譚」(日本語)

[スティーブ・ ブラウン氏 プロフィール]
スティーブ・ ブラウン
イエローストーン国立公園公認ガイド【自然生態系講師歴 20 年以上】マイアミ大学の生物学・生態学・哲学科を卒業 交換留学生として日本へ。その後、オハイオ州立大学院で日本語、日本文学修士課程を修め、モンタナ州立大学では動物学科等の修士課程を卒業。モンタナ州立大学で約 7 年間イエローストーン生態学や日本史を教える。イエローストーンを中心にアラスカからカリフォルニアまで多数の国立公園で自然教育プログラムを手がけ、会社設立以降 21 年間 4 万人以上の日本人観光客、学生を教育してきた実績を持つ。日本だけでなく世界中の人々に野生動物生態や大自然保護管理について教えている。一般社団法人 日本オオカミ協会学術会員(Fellow)

[コーディネーター] 丸山直樹(一般社団法人日本オオカミ協会会長)

3月3日(土)
[パネル展示] 13:00~13:30
[ふぉーらむ] 13:30~16:30
[会場] 富士川町町民会館:山梨県南巨摩郡富士川町鰍沢655番地57
〈アクセス〉
自動車:中部横断道増穂ICより南に5分
電車:JR身延線鰍沢口下車徒歩30分
バス(山梨交通):甲府駅南口1番乗り場「十五所経由鰍沢営業所行
11:30発⇒「小室山入り口」12:23下車徒歩5分

3月4日(日)
[パネル展示] 13:00~13:30   
[ふぉーらむ] 13:30~16:30
[会場] 市川三郷町役場三珠総合福祉センター:山梨県西八代郡市川三郷町上野2714-2
〈アクセス〉
自動車:中部横断道増穂ICより東に約10分
電車:JR身延線芦川駅下車徒歩5分

〔問い合わせ〕
山野井英俊:090-8639-2416
赤池幸久:090-3342-5694
                  

コメントは受け付けていません。

鹿の食害を考える ドイツに見るオオカミとの共生

当協会が紹介されています
(動物や自然を守ろう にて)

トカゲ太郎のワンダー・ワールド

page top
Get Adobe Flash player