最新情報 « 一般社団法人日本オオカミ協会

オオカミ講演会:入間市立図書館金子分館

2019 年 6 月 5 日 by webmaster
埼玉の水源林をシカ害から守ろう

令和元年6月22日(土)「埼玉の水源林をシカ害から守ろう」と題しまして入間市立図書館金子分館にて講演会が開かれます。


ニホンジカによる林業被害は、秩父市、飯能市から丘陵部にも拡がりつつあり、天然林を中心とした生態系への影響は大きな問題となっています。その原因のひとつとして、狩猟者の減少・高齢化があります。今回は埼玉県の水源林である荒川上流のシカ害の実態をもとに自然の生態系を守り、生物多様性の保護を考えます。


  • 主題:埼玉の水源林をシカ害から守ろう
  • 日時:令和元年6月22日(土)14時〜15時30分
  • 会場:入間市立図書館金子分館(埼玉県入間市寺竹535−1)
  • テーマ:埼玉の水源林をシカ害から守ろう
  • 講師:一般社団法人日本オオカミ協会副会長 岩堀弘明氏
    • 公益財団法人埼玉県生態系保護協会事務局長 堂本泰章氏
  • 対象:小学生以上
  • 定員:先着40名(定員になり次第締め切ります)
  • 申込み:6月5日(水)9時より金子分館にて直接受付、またはお電話「04-2936-1811」でお申込みください。
  • 主催:入間市立図書館金子分館

コメントは受け付けていません。

書籍紹介「オオカミの群れはなぜ真剣に遊ぶのか」

2019 年 5 月 22 日 by webmaster

オオカミが大好きな皆さん!オオカミを呼び戻そうと望んおいでの皆さん!

エリ・H・ラディンガー著 シドラ房子訳
 『オオカミの群れはなぜ真剣に遊ぶのか
築地書館 2500円+税

もう読みましたか。これはとても面白いし役に立ちます。何よりも素晴らしいのは、オオカミを信頼できるようになるということです。この著者は、本物のオオカミを観察しているから、記述を信じることが出来る。僕はいまオオカミの冤罪を晴らそうと、オオカミが人喰いだと思わせるような著作を批判する評論を書いていますが、この本を読んでいると、巷のオオカミ人喰い譚とは全然違うではないかと叫びたくなります。例えばジャーナリスト栗栖健が紹介している諏訪高島藩の元禄オオカミ事件、それに東北学06(2015)に紹介されている弘前藩、盛岡藩、小田原藩(現・小山町)の江戸時代の事件を読んでいると、オオカミ不信に陥り、やはりオオカミは怖いというおどろおどろしいイメージになってしまいます。でも、このランディンガーはホッとします。同じ動物とは思えない。ともかく、江戸時代の古文書の記載を信じるとオオカミは本当に悪獣だと思えてくる。オオカミを信じると古文書の記載は偽造・捏造だと思えてくる。どっちが真実か?もちろん、本物のオオカミを正しく書いているラディンガーを信じます。

僕は古文書をそのまま鵜呑みにしている民俗学者を信じないし、軽蔑しているからオオカミが人喰いだなんて信じない。多くの民俗学者は分析力に欠ける三流の研究者だと思う。大橋昌人編著『信州の狼(山犬)伝承と歴史』ほおずき書籍(2018)は最悪の出版。ただ古文書の記録とわけのわからない民間伝承を集めて羅列しているだけ。

信頼性????。

オオカミ悪者説は、元禄期、幕藩体制社会の捏造・偽造公文書の妄信が原因です。諸悪の根源は、将軍綱吉の「生類憐みの令」に毒された徳川幕府。幕府の咎めから逃げるのに汲汲としている各地の小藩。権力の愚策の最終犠牲者は百姓とオオカミ。こんなバカげた話を今頃になって世に広めているのは、検証抜きで偽文書をコピーしては本にしている、世俗的三流民俗学者なのです。つくり話のオオカミ伝承を「遠野物語」に収録した柳田文学もその類。のこんな連中の著述を信じるとオオカミが信じられなくなる。

クワバラ、クワバラ。

ラディンガーの本はお勧めです。この本をまだ読んでいない人は、是非是非、お読みください。ストレス解消。スッキリします。一気に読み切っても肩がこるようなことはありません。

一言:書名は違訳過ぎてよくない。長すぎるし、ゆるすぎる。訳者、築地、どちらの好み?原題をそのまま訳した方が短くて気が利いていると思います。『オオカミは賢い!』

丸山直樹

コメントは受け付けていません。

広告費のご寄付のお願い

2019 年 5 月 21 日 by webmaster

オオカミ協会より広告費のご寄付のお願い!

いつもオオカミ復活へのご理解有難う御座います。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

Webでは動画で簡単に訴求でき、オオカミに対する誤解や偏見は解かれつつあると思います。これからWebでは届かない層にアプローチするために新聞・電車広告等を活用します! ただ、広告には費用がとてもかかりますので広告費を寄付してください!

今年度は広告費100万円を集め随時新聞広告を行います。オオカミに対する誤解や偏見を解き、自然生態系を再生・保護し、次世代へこの美しい日本を残すためにも広告費のご寄付をよろしくお願い致します。


広告掲載情報は随時当協会HPやFacebookにてお知らせ致します。
ご寄付は、一口1,000円から 5月31日(金)までにお振込みお願い致します。


お振込み名義の後ろに「Donation」の「D」を入れて頂けると助かります。


ご寄付口座:ゆうちょ 12330-19428371
他銀行からは ゆうちょ銀行 店名 二三八 店番 238 普通預金 口座番号 1942837

コメントは受け付けていません。

鹿の食害を考える ドイツに見るオオカミとの共生

当協会が紹介されています
(動物や自然を守ろう にて)

トカゲ太郎のワンダー・ワールド

page top
Get Adobe Flash player